園便り

「イカのおすし」って?

2012年02月15日

今日は当園のお話ではなく、担当中の某医療機関の託児室でのお話です。小さい子が連れ去り事件に巻き込まれるのを未然に防ぐ意味で民間のボランティアの方々をお招きして防犯意識を植え付けるための紙芝居や腹話術をしていただきました。その題名が「イカのすし」。お話は小さい山羊ちゃん兄妹が学校帰りに性悪な狼にあの手この手で誘拐されそうになるのですが、それを防ぐための合言葉。イカ=ついてイカない、の=(車等に)乗(の)らない、お=大声を出す、す=(さらわれそうになったら)すぐに逃げる、そして し=(事件のことを)知らせる、というものでした。結構、紙芝居が凝っており臨場感も感じられるものだったので子ども達にも好評でした!これを基に子ども達に防犯意識を徹底していきたいところです!ところで、写真はこちらの園のお友だちでその医療機関のお友だちとは関係ありませんが、こんな感じでみんな楽しそうに見ているのが印象的でした。
今日の献立 ・ミンチカツ、ソース焼きうどん、きのことほうれん草の白和え、一口生姜天、フルーツ(みかん)、ワカメと青菜の味噌汁、総カロリー 640kcal


2017年以前の園便り