園便り

~お魚天国~

2012年06月04日

園では川魚を飼っています。最初はメダカからスタート。ご存知の方も多いと思いますが、結構メダカは短命で苦労しました。その後スタッフの出身学校の方のご厚意で川魚を分けていただき現状の川魚飼育が始まりました。当初はそのつもりはなかったのですが、いつの間にかはまってしまった感があり、植物同様にケアしています。今いるのは鯉科の魚(学校から頂戴しました)やタナゴ(市販)そしてカワムツ、タニシやテナガエビ(いずれも八幡川で採取)が今冬の寒さにも耐え忍んで生息しています。写真は丁度、お食事タイムで向かって左がその鯉科の魚(名前は定かではありません)と右がタナゴです。(写真には写っていませんが)昨夏、取ってきたカワムツも10匹程度のものが今は半分の5匹が元気に成長しています。そのなかでも一番の驚きはテナガエビ。寒~い冬でしたから、てっきり死滅したものと思っていたのに、最近この食事タイムになにやら見かけぬ手が出てきて餌をあさっていました。生物のたくましさを実感した瞬間でした。
ところで、今日は曇り空でしたが、裏庭でいつものようにプチ外遊びをして楽しみました!
今日の献立 ・鶏の唐揚げのチリソース和え、チンゲン菜とコーンのソテー、カリフラワーのあっさりサラダ、海鮮大焼売、フルーツ(みかん)、ワカメと豆腐の味噌汁、 総カロリー 601kcal


2017年以前の園便り