園便り

う~~ん、デリィシャス!!

2012年11月14日

今日は”さつま芋掘り”の続編で、お芋の蔓についてです。昨日の内に蔓から伸びた、葉っぱのついた部分の内、葉っぱは取り除き、茎みたいな部分の皮を一つひとつ、子どもたちと一緒に剥いでいきました。さつま芋は牛蒡同様、灰汁が強いので水に浸しておきます。さて今日、その下準備した蔓と油抜きした油揚げを子どもたちが食べれる長さに切り分け、いざ”さつま芋の蔓の金平づくり”スタート!フライパンにサラダ油(ゴマ油の方が香ばしさがあってよかったのかもしれませんが…)を回し入れ、蔓と油揚げをサッと炒めます。蔓の色が鮮やかな緑色になってきたところで昆布だしと三温糖で味付け。最後の仕上げに醤油を回し入れて出来上がり。食べる時に鰹節をふりかけて食べました。う~~ん、デリィシャス!「これ、何?」って感じの上品な感じで、シャキ、シャキとした歯ごたえはなかなかのもの。食物繊維が豊富な健康食品の出来上がり。とはいえ、食べる迄は子どもたちの反応が気になるとこでしたが、そんな心配はよそにみんな、「美味しい!」とニコニコ笑顔でパクパク、モリモリと食べてくれました。神様の恵みに感謝。ありがとう、さつま芋さん!!


2017年以前の園便り