園便り

いろいろ色遊び

2013年02月12日

感受性の高く、何事も吸収のいい幼児期の体験・経験は、いろんな意味で一人ひとりのお子さまの(身体能力、芸術的感覚、音楽的素養や良好な対人関係処理能力といった)土台づくりにとても役立ちます。まだ小さいから早いというよりは早い段階でこそ特別ではなく、普通の環境として提供してあげるのが肝要と感じています。ということで、先週末の土曜日に色遊びをしました。和紙の紙染めやストローを使った吹き絵をしました。何回かに分けて折った和紙の角に絵の具を染込ませていくとジワッ~と色が広がっていきます。そして、別な色と組み合わた配色は何ともいえず素敵な出来栄えに変化します。ストローを使った吹き絵は画用紙上に落とした絵の具をフッ~と息を吹きかけていきます。勢いよく絵の具が画用紙上を駆けめぐり、独特のデザインとなります。それを素材に新たな作品づくりをしようと思っています。はてさて、どんな作品ができますことやら出来上がりをお楽しみに!!


2017年以前の園便り