園便り

~社会見学vol.3~

2013年02月13日

昨日の肌寒さを誘う雨模様が嘘のように今朝は快晴でスタート。今日は当地の醤油会社・五日市醤油製造(商標:丸五醤油)さんへ社会見学をさせていただきました。身近に日本古来の調味料が見れるなんてめったにあることではないので、こどもたちは皆、興味津々で朝からワクワク、ドキドキ状態。聞けば”醤油のベース”となる生醤油は今は協同組合で一括生産し、それを各社で仕入れて独自に殺菌や風味等加工製法しているとのこと。但し、生醤油を仕入れてから実際の濃口や薄口醤油が出来るまでに一ヶ月程度かかることや濃口醤油だけでも30種類ほどあること、また何よりも工場奥に鎮座する大きな木樽には圧巻させられ、目から鱗のことばかりで大変ためになりました。こちらの醤油は市内の小中学校の給食にも使われいるとのことですから、こどもたちにとっては大変”身近な味”となりますね。工場に入るとプ~ンと鼻をかすめる、ほのかな醤油の香りの出迎えを受け、子どもたちは製造工程の説明や殺菌に使う大きな釜の見学そして実際の醤油ボトルのラベル貼り等の貴重な体験の数々をさせていただきました。社長のお母さまが幼児期の食育の大切さから今般、お忙しい中にもかかわらずこどもたちの社会見学を快くお引き受けいただいた経緯がありますので、これ機に「食」に対する感謝と大切さをこどもたちに伝えていく努力をしなければと意を強くしました。最後になりますが、今日は大変ご多忙の中、五日市醤油の社長様をはじめ会社関係者の方々には誠に親身かつ丁寧な工場見学の機会を頂戴し、この場をお借りしまして改めまして厚く御礼申し上げます。


2017年以前の園便り