園便り

何だか走りたい気分~~

2013年02月25日

何だかんだで室内で過ごすことが多かった先週の分も取り戻そうと、快晴の今日は久々に公園に出掛けて来ました。大きい子から小さい子まで公園まで近いとはいえ結構、移動が大変ですが着いてしまえばこっちのもの。ブランコにすべり台、また春の息吹がここかしこに見られる公園内の探索といろんな遊びが出来ました。午後からはご覧のように誰が言い出しっぺかは定かではありませんが、にわか運動会のようにかけっこ等が暫しの間続いていました。寒さに負けず、みんな元気一杯でした!!明日は少し天候が崩れるようですが、また天気のいい日には十二分に身体を動かせるようにしたいですね!
【やるせない選択】
先週土曜日、園の見学会に来られた保護者の方からその日の夕刻「(認可園に入れるまで)今回は仕事復帰を見合わせることにしました。」との連絡を受けました。折角、仕事復帰を決意して見学会に来られたのに経済的な理由で断念せざるをない(認可園という間接支給の形態で潤沢に使われる税金しか許されない)現状。民間の事業であれば利用者の意向にもっと真摯に向き合い、機敏な対応をとるのが普通なのに行政サービスは一旦、決まった保育制度の中でしか対応が取れず仕舞いとなっています(少しでも利用者である市民の方に直接支給の道が開かれるならば、現状を少しでも改善できるように思うのですが…)。この先、少子高齢化で労働人口の減少が叫ばれている中、女性のスムーズな職場復帰は即戦力としても重要で、何よりも子育てしやすい環境づくり上、必要不可欠なはず。それはきっと少子化を反転させる大きな原動力にもなるはず、です。でも、それを支援できる体制になっていない現実を変えるにはどうしたらいいのか、と考えてしまった週末となりました。


2017年以前の園便り