園便り

なた豆くんのベッド

2013年06月06日

前回ご案内したお芋はその後、夕刻時の水やりで何とか持ち直し中。しかし、お芋はお芋でも種類が違うと生育も違い鳴門金時はいいものの、紅あずまは今のところ「?」の状況。もうしばらく様子を見ていく必要があるようです。お友だちの水やりも検討したのですが、何しろ藪蚊の大群が待ち受けているので差し控えざるを得ません…しかし、少雨傾向は相変らずの状態。早く本来の梅雨らしさを待ち望むばかりの今日この頃、何時になったらそうなってくれるやら!?その代わりに昨年 園で育てた”なた豆”の種植えをみんなでしました。丁度、絵本”そら豆くんのベッド”でイメージを膨らませ、実際のなた豆の鞘を開けてみました。鞘のベッドに気持ちよさそうに小豆色のプリプリとした種が横たわっています。それを一つひとつ取り出し、みんなでプランターの土の中へ寝かせていきました。最後に土をかけ、ゾウさんジョウロで水もあげて、今日のところはなた豆くんの目覚めを今後、待つことにしました。さていつ頃芽を出してくれるか楽しみな限りです!!


2017年以前の園便り