園便り

”夏野菜・きゅうり”deジャムづくり

2013年07月24日

昨日は二十四節気の大暑。いよいよ暑さが厳しさを増し、これからは日々の疲れが蓄積された夏バテに気をつけていきたいですね。そういえば、この夏バテ対策として”土用の丑の日”にうなぎを食べる風習があり、休養と同様に食べる物にも気をつけ厳しい夏を乗り切っていきましょう!さて昨日は今の時季、旬の野菜の一つ・キュウリを使った料理をしました。夏野菜は一般的にみずみずしい野菜が多く、摂取すると身体を冷やしてくれる効能があります。その中で、野菜ながらフルーティな感じ(?)のキュウリをみんなで細かくサイコロ状に切っていきました。その後は、千切り状のリンゴ、三温糖と一緒に鍋で煮つめていき、最後にレモン汁を入れて完成。バッと見、それがキュウリとは分かりずらいのですが、フルーティな感じでキュウリの後味もしますがほぼ気にならない程度で美味しく頂ける感じに出来上がりました。そのキュウリジャムと残った(細かく切った)リンゴをヨーグルトの上に乗せておやつとして頂きました。ほぼ好評ながらも、中には…の子もいたりではじめての試みとしてはまずまずの出来映えでした。


2017年以前の園便り