園便り

ぐんぐんと成長中

2013年08月17日

夏日、真夏日、猛暑日それに熱帯夜と地球温暖化による気候変化の度に気象用語が増えています。せいぜい30度超えると「暑~い」と嘆いていたのが今は昔と懐かしい感じ。(→まぁ、今のように空調設備が整っていなかったこともありますが…)特に、西日本の福岡では連日猛暑日(35度以上の日)が25日続き、今日辺り新記録更新になりそうな気配だとか…プロ野球の楽天・田中投手のような記録更新だと両手を挙げて喜びたいところですが、うだるような暑さ続きではバテバテで床に伏したい心境といったところでしょうか!?そんな暑さの中でも園のなた豆は何とかかんとか頑張っています。以前のと比較していただく為にも定点観測のなた豆の6日の状態が11日経って、こんな感じになっています。ガラスの壁画と比較していただくと大きさがお分かり頂けると思います。ただ、猛暑の影響は最近の野菜の不出来に象徴されるように、なた豆にも大きく関係しており、なかなか次なる「実」自体への生育につながっていません。普段なら一蔓に数個出来る実がほんの1~2個。さらに、厳しい日差しとプランターを置いているコンクリートとからの照り返しの影響で下の方の葉枯れの進展もいつもにも増して早い感じ。ここは朝夕の水やり等で何とか持ち直していって欲しい限りです。さて前置きが長くなりましたが、園は15日よりお盆休み明けしております。日中の暑さに隠れて分りにくいですが、涼しくなった夜には虫の音が聞かれるようになり日中の残暑を少しは和らげてくれるよう。まだまだ季節の移ろいを肌で感じるには程遠い日々ですが、季節は着実に秋へと向かっていますので何とか残暑を乗り切り、園児のたゆまぬ成長を見届けていきたいと思います。


2017年以前の園便り