園便り

大きな蕪さ~ん、出てきて

2013年10月26日

今日は近隣の鈴峯女子短期大学学生の皆さんによる出前保育でわらべうた・伝承遊びをして頂けることになりました。日本古来よりこどもたちが遊びながら歌い継がれたきたものですが、最近はなかなか見聞きする機会も少なくなってきました。園の発表会なんかでも取上げられる「大きな蕪」を題材として、蕪の種まきをお手玉遊びで表現したり、収穫前の月夜の月を二人組みで面白可笑しく表現したりして遊びました。中でもこどもたちの間で盛り上がったのが、最初おじいさんが蕪を引き抜こうとするのですが出来ず、みんな手伝ってという場面。ご覧のようにみんなが一列に数珠繋ぎとなって大きな蕪をおじいさんと一緒になって引き抜こうとしています。うんとこしょ、どっこいしょ~の威勢のいい掛け声と共にみんなが力と合わせたので大きな蕪もこれは敵わないととうとう姿を現してきました。みんなもこれには大喜び。比較的、小さい子が中心的メンバーだったので学生の皆さんにとっては大変ご苦労があったと思いますが、何とか最後まで盛り上げて会を進めていただき、みんなも満足のいくわらべ遊びができたと思います。改めましてこの場をお借りし、学生の皆さまにはお礼申し上げます。貴重な体験をさせて頂きましてありがとうございました。


2017年以前の園便り