園便り

~トリック・オア・トリート~

2013年10月31日

今日は10月31日、今月最後はハロウィーンの会で締めることとなりました。古代ケルト人が起源の祭事で、もとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事だったとか。その後、イギリスやアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で伝承され、次いでアメリカの民間行事として昨今は定着し、もともとの宗教的な意味合いは希薄になってきたとか。しかし、何でもクリスマスに次ぐ大イベントなので、この時季には黄色のカボチャの中身をくりぬいた「ジャック・オー・ランタン」が街中では目を引いたりして、そのイベントの偉大さが実感できます。そのアメリカでは、こどもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらう、という趣向に変化したそうなので、今日はこどもたちが仮装して近隣の商店街を練り歩くき、その風習を少しだけ取り入れてみることにしました。例年ですと、年少以下で1~2人くらいは帽子やマントをつけるのを嫌がる子がいるのに今年はご覧のようにニコニコ笑顔で街中を行進してきました。秋晴れの天候の下、行く先々できちんと「トリック・オア・トリート(お菓子くれなきゃ、悪戯するよ!)」と大きな声でおねだりし、ちゃんと目的のお菓子をゲットして大満足のハロウィーンの会となりました!本日、ご協力いただきました商店街の皆さま、この場をお借りして改めて心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


2017年以前の園便り