園便り

さつまのお芋de音遊び

2013年11月29日

先月のお芋掘りはこどもたちに好評で”収穫の秋”を満喫することが出来たことはこの場で少しご紹介してきました。例えば、おやつの時間には、ほっこりとした食感や自然な甘みのお芋のお味は格別でホッペも落っこちるくらい美味しかったとか、お芋の蔓のキンピラ風炒めはシャキ、シャキとした食感で美味で、これまた秋の味覚を楽しむことができました。そんな”さつまいも”にまつわる記憶が鮮明な今日この頃。ここで少々、改めまして音楽教室の構成をご紹介すると、月初の火曜日は音大OBの方々そして月の第2と第4水曜日は女学院大生の方々となっています。その女学院大生は4名でその内、2名ずつが来園して楽しい音楽教室を展開中です。今までを仮にAチームと呼ばせて頂くと、今回はBチームで今回が初お目見えとなりました。題材は冒頭で触れた「さつまのおいも」。まずはみんな、はじめてみる軽妙な(野菜の)手遊びでくつろいだ後、絵本”さつまのおいも”の読みかせをしてくれました。さつまいもにはデッカイものや小さいものまでサイズは様々だよ、という話からデッカイさつま芋の場合の音楽と動き、ちっさいさつま芋の場合の音楽と動きをご覧のようなペープサートも交えて面白可笑しく音遊びをして頂きました。みんなもノリノリで今回も楽しく過ごすことができました。次回が楽しみな限りの展開となりました!!


2017年以前の園便り