園便り

sweet (mashed) potatoes salad

2013年11月29日

今週の木曜日は料理教室。先月の収穫した超ビッグサイズのさつま芋をつかった料理にチャレンジしました。題名にもありますように、通常の”ポテトサラダ”のじゃが芋の替わりにさつま芋を使った”さつま芋サラダ”。園では料理教室を何度かしていることもあり、みんなは楽しみにしている企画の一つとなっています。みんなでまな板の上の食材(キュウリ、玉ねぎ、スライスハム)をスタッフと一緒に切り、切りするのはとても楽しそう、でも目は真剣そのもの。次に待ち受けるのはちょっと力仕事で、ボールの中の蒸したさつま芋のキューブ状にカットした塊をみんなで手分けしてすりつぶす作業です。料理工程ではこれが一番の人気で、まだ温かさの残るさつま芋が(自分で押していくと)見る見る内にすりつぶされていく様はかなり楽しそうでしたよ。その後、最初に準備しておいた具材を塩で少し味付けしたマッシュド・スウィート・ポテトに投入して混ぜ混ぜ。最後の締めはみんな大好き、マヨネーズをクルクルと入れて「美味しくな~れ」と呪文を唱えながらの仕上げの混ぜ混ぜ。その後の味見タイムは想像に難しくないことですが、「僕も」「私も」もと押すな、押すなの混雑ぶりで、みんなで作った料理の美味しさに大満足の笑顔。さつま芋のしっとりとした舌触りや甘さと具材の野菜とハムとマヨネーズの織り成す見事なまでの味わいのハーモニーはなかなかのもの。お昼ごはん時、給食のおかずのもう一品として提供するとみんな、思わず「美味しい!」と舌鼓を打ちながら完食となりました。これは本当に作り甲斐のある料理教室となりました!!


2017年以前の園便り