園便り

お正月には駒を回して~♪

2014年01月12日

一昔前までは年末年始は大概のお店はお休みで、その期間、世間は随分とひっそりとしていた感を覚えています。それが、最近はコンビニをはじめ顧客の利便性を考慮した店舗運営が日常茶飯事化。(個人的には)年末年始のお買い物にも困らなくなった反面、お正月本来ののんびり気分が味わえない、といった少しもどかしい感じ…ということからかどうかは分りかねますが、そんなこんなでのんびりとしたお正月イメージがどうも一変したように感じています。そう、童謡”お正月”の歌詞にあるような”凧揚げ”、”駒回し”はたまた”羽子板”で負けたら顔に墨に塗るといった風物詩はめっきり見かけなくなりましたね!?この時季だからこそ、古来からの伝統的なお正月遊びを少しでも慣れ親しむ機会を設けようと先週一週は”お正月遊ぶウィーク”として過ごしました。”駒”、”けん玉”、”だるま落し”、”凧”そして”福笑い”といった遊具で過ごしました。ご覧の様子は”笑う門には福来る”で知られる”福笑い”の一こま。お多福の顔の上にマジックテープが貼ってあり、目、眉毛、鼻や口を目隠しして顔づくりに挑戦。なかなかの出来だったり、思わず噴出してしまうような出来だったり、その顔の出来は様々。でも、その都度みんなは顔を見合わせ、笑いの輪が広がっていたので楽しく過ごせたと同時に古来の遊びに少しだけ触れられた週間となったようでした。


2017年以前の園便り