園便り

大好き、お絵描き

2014年01月12日

先週末の土曜日は大きな模造紙にお友だちが思い思いの絵を描いて楽しみました。いくら大きい模造紙とはいえ、一度にみんなが一緒に描くことはできませんので順番に描くのが園のルール。小さい子はそんなことお構いなく”自分”の世界しかありませんから、まず自分が最初とアピールしてきます。そこで、場所やクレヨンの取り合いということに発展しかねない状況が従来続いていましたが、そこは何度が描く時のお約束をしてきたことが功を奏したのか、自分の順番が来るまで他の遊具で遊んで待つこと(=我慢するという自制心)が出来ていました。比較的、月齢の上の子は顔の輪郭や目鼻もしっかりと描けていました。中には、こどもたちに大人気キャラクターの絵をスラスラと描く子もいます。まだ、月齢がいっていない子は所謂、”なぐり描き状態”で思いつくままいろんな色のクレヨンで描いています。これはこれで色彩感覚を磨く上で必要ですね。いずれこれが自分の思い描く形に精度を上げていってくれると思います。そんな成長の過程を側で見守れるのも嬉しい限りで、今後の成長ぶりが本当に楽しみです!!


2017年以前の園便り