園便り

大きな太鼓、ド~~ン、ドン!

2014年02月07日

折角、少しだけ春めいた気候もここ数日で一変。真冬並みの寒さへ逆戻り。そんな中、チラチラと小雪舞う昨日の午後はイベントラッシュでした。まずはいつもの書道教室。みんながみんな受けているわけではないのですが、大きい子を中心に数人が書道の先生の指導の下、鉛筆の持ち方、書く姿勢等にも気を配りながら30分程度、集中して習字に取り組んでいます。おかげさまで、以前は心ここにあらずでソワソワ状態のお友だちも今は見本のプリントに沿って(お絵かきとは違うタッチで)筆圧もしっかりと字を書いています。「止め」や「はね」といったタッチも勉強中。その後は大学生のお姉さん先生の来園で音楽教室が続きました。絵本の読みかせ、手遊びときていざ本番。袋やジーンズのポケットにあらかじめ忍ばせていた太鼓や鈴をおもむろに取り出して音遊びのはじまり、はじまり~。”大きな太鼓、ド~~ン、ドン、小さな太鼓、トン、トン、トン”という手遊びよろしく室内に響き渡る太鼓の音に合わせて力強く歩いたり、鈴の音に合わせた軽やかなステップで歩いたりと音に合わせて身体全体を動かし、楽しんでいたのが印象的でした。こういう機会は月齢に関係なく受け入れられるようで、お姉さん先生の溢れんばかりの笑顔に包まれみんながみんな楽しいひとときを過ごし、あっという間に音楽教室の終わる時間となりました。お忙しい中、お姉さん先生のみなさん、ありがとうございました!!


2017年以前の園便り