園便り

パォ~ン&ピヨピヨ~

2014年03月15日

気まぐれで方向音痴な冬将軍が寄り道で大寒波襲来のイメージが強く、例年と比べ寒さばかりが目立ったような感じの今冬。しかし、実際はそうでもなく、”桜の開花法則”(元旦からの平均気温の積算が500度を超える辺りから桜が開花し始める)からすると、現状は既に440度ぐらいまで積み上がっており、来週前半から数日続く春の暖かさから来週末には早いところでは桜の便りが届くかもしれません。ということは、ほぼ例年並みの桜開花となるわけでそれ程でもなかったのかもしれません。さあ、いよいよ春本番、他の草木も青々とした装いを改め、躍動の季節がやってきますね。ただ、(個人的にですが)この時季は花粉症とのつき合いから抜け出せていないので辛い日々なのですが…今週火曜日は大学生の音楽教室がありました。いつも多彩で(視覚的にわかりやすく、やりやすい動作の)手遊びを準備してきてくれ、こどもたちにも大人気。その後、ご覧のようなぞうさんとことりさんになり、ぞうさんに変身する場合は太鼓の音、ことりさんに変身する場合は鈴と音を聞き分けて、それぞれぞうさんの先生のところに集まったり、ことりさんのところに集まりったりして遊びました。音を聞き分けて、ぞうの鼻のように腕をパオ~ンと動かしたり、ことりさんのように飛ぶ動作をしたりと楽しそうでした!こんな簡単なことのようですが、音を聞き分けて動作を起こすのは”脳”の活性化の観点からも、こどもたちにはいい体験になったのではないかと思います。


2017年以前の園便り