園便り

春の遠足

2014年04月17日

温暖な気候の下、春を告げる桜の開花が見頃を迎えようとしている4月初旬。つぼみが一斉に綻び、淡い桃色の花びらをたたえた桜は何故か心ワクワクさせられるものを感じずにはいられません。そんな見頃を迎える桜に週末毎に顔をだす花冷えの寒気と花散らしの雨という魔の手が伸び、折角の花も早々に散らされ行楽気分もそこそこといった気候が続いていました。桜といえば一重のソメイヨシノの桜が一般的によく知られていますが、ここは五日市でご存知のように造幣局があります。そうです、造幣局の桜の回り道がこの時期、一般公開されるのに合わせて当園では春の遠足に出掛けることにしています。そんな天候続きだったので造幣局の桜も同じことになっているのではないかと正直なところ現地に行くまでは気が気ではありませんでした。しかし、局内の八重桜はみんなを温かく迎え入れるかのごとく綺麗な花をたたえた状態で、それが杞憂に終わったのは何よりでした。本来、バラ科の桜らしくこんもりと盛り上がり、濃淡を凝らした色彩の花びらは訪れる人を魅了して余りあるものがあり、局内の至るところに咲きほこっていました。小さいお友だちにもそんな可憐ながらも華やいだ花の数々を前にすると思わず「見て、見てっ!」とか「きれいねぇ~」とか言って普段目にすることのできない桜に感動していました。そんなこともあってか、記念撮影の場でみんなで「チーズ」と写真を収めようとしても心は花ばかりにいってなかなか前を向いてくれようとしない子もいたりで大変な写真撮影となりました。でも、行く先々で行楽客の方に手を振って頂き、きちんと挨拶ながら広い局内を見て回りしっかりと歩くことができました。よ~く運動した後ということもあり、その日のお昼寝は幸せそうな寝息を早々にみんなが立てて寝ていたのは言うまでもありせんが…


2017年以前の園便り