園便り

今年も種まき

2014年06月12日

今年は例年より数日早い梅雨入りとなりました。昔のシトシトと降る梅雨景色は何処へやら…最近の梅雨は半端ない降雨量で、さらに追い打ちをかけるように急な天候変化で激しく降ることが多いのでかないませんね!?実際 関東地方では、ここ1~2日で1ヶ月分の雨量を記録し、洪水等の多大な自然災害が発生しています。昔から川の氾濫が懸念され続けてきた当地だけに、この時季は気が抜けませんし、よ~く注意してかからなければなりません。
さてご覧の写真は、当園の夏の風物詩のひとつとなっている”なた豆”で、その種まきをしている一コマです。何でも”ジャックと豆の木”の豆らしく実際、あっという間に軒下を超えていく勢いで蔓が成長していき、豆をたたえた鞘も他の豆類の群を抜く大きさに成長します。園で貴重な働きをしてくれるのが、窓際に沿って大きな葉を広げて成長してくれるのでグリーンカーテンとして突き刺すような日差しを和らげてくれます。ただ、今年は種の保管状況が今一つだったようで鞘を開けた際の種(豆)が若干、干からびていたので実際、芽を出してくれるか否か、少々心配です。まぁ、これからのお世話次第かもしれませんので頑張って日々水やりをしていきたいと思います。また、芽吹いたらご案内しますので、お楽しみにしておいて下さい!


2017年以前の園便り