園便り

秋の遠足

2014年11月01日

いよいよ今日から11月、今年も残すところ2ヶ月となりました。本当に月日の経つのは早いものです。そんな時の流れに惑わされることなく、しっかりと地に根を張って日々を大切に過ごしていきたいですね。先月はお芋掘りに始まり、月半ばには交番の社会見学でパトカー乗りも実現し、最後の〆は遠足とハロウィーン。まずは秋の遠足のご紹介です。週末近くの木曜日に園から程近い場所にある水鳥の浜公園に足を伸ばし、楽しんで来ました。週末には天候が崩れるとの天気予報もあり少々やきもきしたものの、蓋を開けてみると何とも最高の秋晴れの一日に恵まれて幸いでした。ここは大型のアミューズメント的遊具が色々あるので公園に着くなり、みんなは一目散にお目当ての遊具へ駆け寄っていました。トンネル型のクルクルと回りながら滑り降りるタイプのものやジェットコースターのように急滑降でスリリング感満点で途中が緩やかな湾曲を描くように作られたすべり台あり、シーソーあり、海賊船を模った展望台でもあり各種アスレチックぽっい遊びが出来るものがあったりと遊びには事欠かない感じでした。近隣の住民のお子さんたちも遊びに来られていて、賑やなプレイングタイムとなりました。”水鳥の浜”と言われる位なので水鳥の観察にも行っておかなければ勿体ないと思い、観察小屋に覗きに行きました。しかし、残念ながら対岸の遥か遠くの川面に鴨らしき水鳥が遊泳している様子だけだったので、果たしてこどもたちがそれを確認できた否か、少々疑問の残るところでした。そんなこんなで朝から大はしゃぎの遠足だったのでお昼ご飯の時間が待ちきれない子ばかりで「お腹、減ったよぉ~」とお昼ご飯も早々とお母さん手作り弁当に舌鼓を打っていました。帰りの車中ではあちらこちらでスヤスヤと寝息を立てる子が見られるくらい、活動的で楽しいひとときを過ごすことが出来ました。


2017年以前の園便り