園便り

ぺったん、ぺったんとお餅つき!!

2014年12月27日

クリスマス会の翌日は定期的に交流させて頂いている老人施設より”お餅つき体験”という、もう1つのクリスマスプレゼントが待ち受けていました。残念ながら全員は難しかったので、比較的月齢が上のお友だち限定となりましたが、参加してきました。当該施設に着くと、いつものことながらおじいちゃんやおばあちゃんの歓待の笑顔でのお出迎えです。まずは施設のイベントで沖縄楽器の三線奏者の方の演奏を聴く機会がありました。おじいちゃん&おばあちゃんは独特の音色にうっとり、おともだちは興味津々で聞き惚れていました。その後は、室内から施設の庭へと場所を移し、準備された臼と杵で温かもち米をぺったん、ぺったんと餅つきの開始となりました。「よいっしょ~」のみんなで勇ましい掛け声をして応援した甲斐もあり、あっという間に餅の原形が出来上がり。その後は、ご覧のように場所を室内へと移し、小分けしてもらった餅を粉をつけながらコネコネしていきました。温かく、柔らかい餅ももちろんですが、お友だちにとってはそれ以上に粉の方が気になったようでコネコネもそこそこに手についた粉を顔や服ではらおうとして、あっちこっちが真っ白になりました。その姿をお互いに見合っては笑いがそこかしこで起きていました。その後は、施設の方々のご厚意で出来立ての餅が入ったぜんざいを振舞って頂きました。最後にはみんながコネコネした餅はもちろんですが、併せてお菓子まで頂き、二重三重のクリスマスプレゼントに思わずニンマリのお友だち。この場をお借りしてお礼申し上げます。いつもありがとうございます!!


2017年以前の園便り