園便り

たこ焼きづくりのはずが…

2015年08月30日

今月クッキング教室を開催。お題は何にしようかと色々迷った挙句、夏祭りが開催されている時期で屋台でみんなも一度は目にしたことはあるであろう”たこ焼き”づくりに挑戦しました。まずはメインの具材の煮だこの足をみんなで切り分けていきました。いつもの野菜にはない、ちょっとプニュプニュした感触は拒否反応を示すこともなく淡々と切り分けていく様はちょっと意外でした。その他、かまぼこ、チーズ、葱と天かすにたこ焼き粉の中にはみじん切りにしたキャベツを入れて準備万端。そして、ご覧のように、いざたこ焼きスタートと相成りました。しかし、今回ご家庭で一般的に使われる電気式のたこ焼き器ではなく、カセットコンロにたこ焼き用の鉄板を載せて臨んだのが事の始まり。火加減調整がなかなか難しく、焼きムラがどうしても出来てしまい、なかなか上手くコロコロとひっくり返せる状態になるどころか、焦げ付いてしまう有様。一度ならずも二度も思うように焼くことが出来ず、今日はもはや万事休すのところまで追い込まれた感がありましたが、園近隣に住むスタッフが急遽、電気式たこ焼き器を持ち込んでくれ、何とかみんながたこ焼き器でコロコロ、クルクルとたこ焼きを回せることが出来ました。そして、言わずもがなですが、昼食の一品にはアツアツ出来立てのたこ焼きが加わったことはもちろんで、みんな外はカリッ、中はジューシーなたこ焼きに舌鼓を打ち、大満足のクッキング教室となりました。


2017年以前の園便り