園便り

~深まる秋~

2015年10月12日

”実るほど首を垂れる稲穂かな”と言われるように黄金色のお米が収穫の時期を迎えつつある今日この頃となりました。今や豊穣の秋に感謝するお祭りの時期でもあり、田圃では収穫作業に追われる様子が散見されるようになりました。その収穫を終えた畑からは青々として新芽が顔を出していて対照的な色合いとなっています。また、秋の風物詩の柿もいい具合に熟してきていて、秋らしさに花を添えている感じがします。ご覧のような秋桜(コスモス)が咲き誇り、いい目の保養となっています。そんな中、何とも甘美な匂いが何処からともなく漂い、何かなと匂いを辿っていけば、控えめな黄色の花をたたえた金木犀が目につきますね。川沿いの野草にはススキが存在感を示していますが、その中あって黄色のセイタカアワダシソウも色取りよく姿を現し、そんなこんなの光景が秋らしさを一層と演出してくれ、深まる秋を実感させられますね。山々の紅葉もそろそろといった感じで早ければ今月半ばくらいから楽しめるかもしれませんね…紅葉狩りや味覚の秋等、体調を崩さないようにしながら季節の移り変わりの時季を十二分に堪能していきましょう!!


2017年以前の園便り