園便り

ライブハウス感覚no音楽教室

2015年12月13日

仮移設園生活3週間目ともなると、こどもたちはすっかり勝手知ったる我が家的な振舞いで過ごしている今日この頃となりました。此処は広さがそこそこで問題ないものの、部屋の仕様が前テナントのまま(名残り)なのが玉にきず…といったところです。といいますのも、部屋の形状はうなぎの寝床のような長方形で半分が板間で半分が石間の構成となっています。石間の方は安全確保のためソフトマットを敷き詰め、主に給食室として使用中。板間は遊戯室として使用しているのですが、そこが更に半分に仕切りが入っているところが少々、使い勝手の悪さを感じているところなのです。とはいえ、一カ月少々の超短期の仮住いなのでそこは我慢、ガマンといったところです。ご覧の写真は月1回、本格的な楽器で演奏会をして頂いている様子ですが、部屋が仕切られている分、すし詰め状態で奏者とこどもたちとの間合いがいつもよりも間近となり、双方にとって迫力・臨場感満点。だから、こどもたちはいつもにもまして興奮状態のように見て取れたのは気のせいかな!?さらに演奏会後、奏者の方々の感想は「こどもたちがより近くで緊張した」でした。結構、いろんなところで演奏をこなしてきていらっしゃる方々でも、こんなライブ感覚での演奏会ともなると気が張るというのを発見した日でもありました。今回も素敵な演奏&絵本の読みかせ等、盛り沢山の内容でこどもたちを楽しませてくれ、ありがとうございました!!


2017年以前の園便り