園便り

巣立ちの会&保育参観日

2016年03月20日

先週末には市内の小学校の卒業式が行われたようですね。それと歩調を合わせた訳ではなりませんが、当園でもその翌日の土曜日、年長のお友だちが小学校に巣立つに当って盛大に送り出す会を実施しました。併せて、諺”百聞は一見にしかず”にあるように、普段の(朝の会など)園児の様子を見ていただいたり、リズム体操や小劇などで一年間の成長ぶりを少しでも垣間見れる場としての保育参観&発表会を実施しました。今年が初めてだという場合、例年そうなので親御さんの手元を離れない子が続出するかなと想像していました。しかし、意外や意外で結構、親御さんから離れて(それなりですが…)身体一杯に今の自分に出来ることを表現しようとしていたのには驚かされました。未満児クラスは大好きな童謡に合わせた手遊びを、少し上の未満児と以上児はそれぞれ楽曲を分けてリズム体操を披露することができました。その後は、以上児による小劇を実演。恥ずかしがることなく練習以上に表情豊かに大きな声で演じ切っていたのには成長ぶりを実感しました。その後は、ご覧のような巣立ちの会。人前では恥ずかしがり屋のお兄ちゃんですが、勇気を振り絞った姿には一段と逞しさをました印象を受けました。これは小学校での新生活にもきっと頑張っていってもらえるという印象を受けました。当日はお忙しい中、多くの保護者の皆さまにご参列いただきましたことをこの場をお借りしてお礼申し上げます。


2017年以前の園便り