園便り

春の遠足へgo~~

2016年04月15日

今春の桜、開花は例年より1~2日早かったものの、花冷えや花曇りの天候から満開までの期間が永かったので新生活を迎える時期まで桜を楽しめて良かったです。当地でその取りを飾るのが全国で3つある中の一つ、広島造幣局の桜のまわり道。昔、サラリーマン時代に大阪造幣局の豪華な桜の通り抜けのニュースは目にした記憶がありましたが、身近にこんな場所があって実際に体験できるの有難く、毎年感謝しています。ただ、公開間際に造幣局の近くを行き来すると一部は満開を通り越して葉桜状態になりつつある状況。これは早めに子どもたちと桜鑑賞に出掛けるのが賢明だと思い、公開初日に遠足がてら桜鑑賞に出掛けてきました。当日は曇りから雨との不気味な天気予報だったので少々、構えての当日となりました。しかし、意外や意外に天は我が身に味方してくれたようで曇り空というより、雲の切れ目から春の陽光がさし、比較的に良い行楽日和となりました。日頃よく見かける淡いピンクから濃いピンク、白色だったりと色んな八重桜を楽しみながらも、子どもたちにとっては広~い局内のまわり道。途中でご覧のような茶店にでもあるような席で一休みし、しみじみと桜鑑賞を楽しみました。局内、至る所で行楽客から「可愛い~」と声をかけて頂き、子どもたちはきちんと挨拶もしながらお散歩し、あっという間の春の遠足タイムもお時間となり、帰路につきました。園ではお腹を空かしたみんなを存分に満たしてくれる手作り給食に舌鼓を打ち、お散歩とはいえ結構な運動となったようでお昼寝は何時にもまして早く深い眠りについていました!!


2017年以前の園便り