園便り

もうすぐ、梅雨明け??

2016年06月18日

今週も”梅雨の中休み的な日”が続きました。ただ、そこは梅雨の真っ只中なのでカラッとした快晴ではなく、ジトジトと湿気のこもった、とても過ごしにくい感じなのが玉に瑕でした。こんな気候ですから、園では”鼻水たら~~ん状態”から”発熱”と体調不良を起こす子が散見されるようになりました。大人でさえ不快で堪らないと感じることがあるくらいですから、身体機能が未熟な幼児はなおさらのことですね。これからの季節変動も見据え、よく見守るようにしていきたいです!前置きが長くなりましたが、天候がそこそこでしたのでお散歩や公園などの外遊びはもちろんですが、今週末の”父の日”に向けた制作やこどもたちに好評なバルーン遊びなどで額に汗しながらの、充実(?)した一週間となりました。ところで、園前にある”なた豆くんたち”のその後についてご報告があります。今現在はご覧のような状況です。4つのプランターに昨年と一昨年収穫したなた豆の種を2つ、2つ、1つと1つずつ種まきをした結果が(実際の発芽はもう一つあったのですが、途中で朽ちてしまいました)2つで3割の確率で発芽しました。プランターの土を掘り起こして分かったことが一つ。それは、外見は同じ種でも活きている種(の細胞)は全体的に水を貯え、(と同時に種の色は小豆色から黒褐色に変化し)ふやけた状態から一気に発芽します。それに対し、もう一方の結果の出ない種(の細胞)はいくら水を与えても水を吸収しない、元のまま(色も種まきをした時のままの小豆色)で変化がありません。ということで、今年はこの2苗を大切に育てる以外に選択肢がないようで、残りのプランターには夏野菜の胡瓜かトマトの苗を植え、育てることに変更せざるを得ません。それを通じ、旬の野菜を収穫し、少しでもこどもたちの”食育”に繋がればなぁと思っているところです。今後のなた豆の成長ぶりや夏野菜の状況にもどうぞご期待下さい!?そういえば、沖縄地方は昨日、梅雨明け宣言が出たようです。当地における梅雨前線の北上ももうそろそろでしょうか?


2017年以前の園便り