園便り

★料理教室☆

2016年07月16日

長~~いジメジメ、蒸し蒸しの梅雨トンネルからなかなか抜け出せないでいる今日この頃。とはいえ、季節は真夏のはずなのに、関東地方では昨日、方向音痴なマイナス気温の寒気団が南下してきたりするもんだから想定外の大雨に見舞われてしまう始末。それだけならまだしも(いやいや、それだけでも大変なことですが…)、大きな雹(ひょう)のおまけつきとなるとこれはもう洒落にはならない事態といえます。幸いにも、西日本地方はこのような惨事に見舞われることがなかったので何よりと胸を撫で下ろしているところです。しかし、いつ何時そうなるかわからないのが最近の気象状況の特徴なので今後の天気動向には十二分に注視していかなければなりません。さて、今週開催された料理教室の様子をお伝えします。イタリア語で”スープ”を意味するミネストローネづくりにチャレンジしました。茄子、セロリ、玉ねぎ、トマトと大豆とたっぷりの野菜を煮込んで作るのですが、みんなには玉ねぎ、セロリと茄子をトントンしてもらいました。特に、セロリは日頃あまり目にすることもなく興味を示したものの、独特の香味に後ずさりする場面もありました。しかし、そこは探求心旺盛なみんななので勇気を振り絞って(?)切り分けていました。出来上がったお昼の給食のスープは多少、未知なる世界だったようでモリモリ、パクパクとまではいかないまでもほぼ完食状態。また一つ、新たなる”食”の領域が広がったようでした!!


2017年以前の園便り