園便り

夏はカレーだねっ!?

2016年08月20日

まだまだ残暑が厳しい日が続いています。(個人的感想ですが)例年にはない炎暑ではないかと感じています。そんな訳で日本列島全体がサウナ風呂状態続きですから、熱中症で病院に運ばれるニュースもよく目にします。今後も当分の間は、小まめな水分補給と屋外での活動はくれぐれも無理をしないことが何よりも重要ですね。今週はお盆休みの後半なのでお休みの子もいたりで閑散とした一週間でしたが、来週あたりからまた賑やかな、普段の雰囲気が園にも戻って来るのではないかと思っています。ここで少し古い話題で恐縮ですが、先週にハウス食品の食育プロジェクト「はじめてクッキング教室」の協力の下、夏カレーづくりをしました。(ハウス食品にはカレーのルゥや牛乳で簡単調理のできるフルーチェを提供して頂きました。この場をお借りし、御礼申し上げます)いつもは3歳以上児がメインで、その都度羨ましそうに横目見ていた未満児の面々。今回はそんなフラストレーションを一気に解消すべく野菜切りをしました。茄子、玉葱、トマトなどをスタッフに手を添えられながら包丁でトントンを切り分けていくのですが、緊張感漂う表情ながらも(やり終えた後の)満足感たっぷりのいい笑顔でが見れたのは何よりでした。出来上がったカレーはこどもたちにとってはやはり”鉄板”なので、みんなの大きな口は終始、ふさがることなくパクパクと食べ進められました。ただ、今回は”夏野菜”がテーマだったのでスープはいつもの味噌汁系ではなく、目新しい”(すり潰した)枝豆のポタージュ”が添えられたのですが、目新しいものには板橋をたたいて渡るタイプが多くカレーのように完食とはならなかったのが唯一の誤算でした…


2017年以前の園便り