園便り

うんとこしょ~~でも、何だか変?

2016年11月05日

今年もこの時季恒例のお芋掘りに近隣の畑へ出かけてきました。しかし、今年はお芋畑を一見してみて「うっ…、何か違う感じがする!?」と嫌な予感が脳裏をよぎりました。といいますのも、青々とした葉っぱや蔓は変わらないのですが、何か勢いというものが感じられない、というのが第一印象でした。そして、実際に畑を掘り起こしてみるとその嫌な予感はものの見事に的中。畑を掘り起こしても、そこにあるべきはずの大きくずっしりと重みのある、存在感抜群の「薩摩のお芋」は何処にも見当たらないのです。畑の土をまさぐりまわし、ようやく指が行きわたるものはコロコロと小ぶりのお芋、といった状況でした。ですから、いつもは年少以下のお友だちには蔓で引っ張りだせないのが常でしたが、今年ばかりはご覧のように簡単に引っ張り出せて、持ち上げもこんな感じに軽々と持ち上げています。お芋掘りを企画した者としては冷や汗ものの事態にもかかわらず、みんなにとってはそんなことお構いなしでお芋を手に出来たという満足感から一様に笑顔だったのは唯一の救いとなりました。来年こそは(あまりにも次元が違う話で恐縮ですが、カープのように)リベンジを誓う、と痛感させられた今年のお芋掘りとなりました!


2017年以前の園便り