園便り

社会見学(交番編)

2016年12月03日

今年もいよいよ師走突入となりました。街並みはクリスマスのシンボルカラーを象徴するかのように、すっかり赤や白や緑が目立ち、華やいだ雰囲気を演出してくれています!気候も彩り鮮やかな紅葉の晩秋から(もしかしたら…ですが、今冬の長期気象予報で西日本は例年に比べ、厳冬ということらしいので)白く敷き詰められた雪景色が見られることになるかもしれません!?個人的には暑さより寒さには耐性があるものの、ドカ雪のような大雪はさすがに歓迎しない立場で”普通の冬”の到来を願うばかりです。ところで先月、消防署主催の「集まれ、ちびっこ消防士!」というイベントが10日に組まれ、実は参加する方向で調整中でした。しかし、もう一つの園のビッグイベントである運動会が12日に控えていて、それに向け予行演習のたけなわ状態。結局、後者を優先する形となり、今回は消防イベントは幻となってしまいました。そこで、それに代わる社会見学として駅前交番に出掛けることにしました。月末のお忙しい中とあって、今回は交番内だけの社会見学となりましたが、お巡りさんの三種の神器(拳銃、警棒と手錠)にはじまり、バリケードやさるぐつわなどの防具を観させていただきました。その後は質疑応答の機会を設けていただき、こどもならではの発想というか質問の「泥棒は何処にいるのですか?」にお巡りさんも思わず返答に窮する場面もありました。こんな形ではありましたが、お巡りさんが少しだけ身近に感じられるひとときとなり、交通安全から治安維持といった日常生活で欠くことのできない仕事内容も少し理解できたようなので良かったと感じております。今後も機会をみて別の社会見学も計画中です。


2017年以前の園便り