園便り

雪遊びは楽しぃ~

2017年01月21日

先週末は今冬初の大雪に見舞われました。土曜午後から雪が深々と降り積もり翌日の日曜日は、あたり一面は雪化粧から”銀色の別世界”へと大変身。さらに日曜の午前中、雪は降り止むような気配もなく月曜日以降のことを考えると少々、気を揉んだのも束の間、昼過ぎには雪の勢いも弱まって止み、そうこうしている内に雲の切れ目から厳寒を和らげる暖かな日差しが降り注ぎ、降り積もった雪を融かしてくれました。ただ、全部が融け切るところまでの日差しではなかったようで、月曜日にはこどもたちは久々の雪遊びに興じることができました。一番月齢の低く子は物珍しそうに真っ白な物体を見つめたり、恐る恐る手を差し伸べ冷たさに顔をしかめたりしていました。でも、慣れてくるとペタペタと手で雪をなでたりしながら感触を楽しんでいました。そして、ご覧の様子は年中組による雪遊びの一コマ。冷たい雪を掻き集め、ようやく作り上げた雪だるま。冷たい雪を触り続けて指も真っ赤かで見るからに辛そうな感じなのですが、雪遊びに熱中しているからみんなは平気の「へ」の字でした。冬ならではの楽しい雪遊びの一時となりました。こんな機会がまた来週あたりに来るかもしれません。その時はもっと楽しめるといいですね!!


2017年以前の園便り