園便り

(*”▽”)おかあさんありがとう!🎁プレゼントを作ったよ

2018年05月10日 ふるいちからの園便り

新年度入りして早1ヶ月が過ぎたと思ったら、風薫る弥生・五月も半ば。新緑の薫りたっぶりの風に勢いよくのり、気持ちよく泳ぐこいのぼりをあちらこちらで目にする季節となりました。当初は椅子に座ることだったり、食事の際のご挨拶だったりとこどもたちにとっては慣れない園生活から不安で(普段できることでも)ままならないことが目白押しでした。そんな姿は”今は昔”といった風情で、どこか懐かしく感じてしまう今日この頃となっています。今では、落ち着きはらった”お家感覚”でリラックスし、自らが積極的に朝の会に参加してくれたり、園の諸活動に興味・関心を示して参加してくれているのが何よりと感じています。
  
ところで、今月13日は「母の日」。そこで、こどもたちに「おかあさん」に関する話をする機会を持ったところ、みんながみんな目を輝かせながら聴き入る姿勢に転じました。恐るべきは”ママ・パワー”といったところでしょうか!?まずは、3歳児が「ママと動物園に行ったんよ。🐖ブタおらんかったんよ~」と口火を切ると…2歳児がすかさず「ママと食べた!」とお話に参加してきました。それで、さらに「何を食べたの?」とさらに話を促すと「○✕△よぉ~」と弾んだ会話が次から次へと進展していき、みんなのお母さんとの楽しい思い出話は尽きることがないようで延々と続く様相でした!!
             

そんなこんなで、みんなのお母さんへのひたむきで熱い思いを「いつもありがとう」という気持ちを込めて”しおり”で表現するプレゼント🎁づくりにチャレンジすることにしました。みんなに「プレゼント作ろうと思うけど、つくる?」と尋ねると、一点の曇りもない、元気一杯の声で「つくる!つくる!」の声がこだまするように園内に響き渡っていました!!頭の中に思い浮かべているかのような「ママのお顔はこんな顔(^^♪」と😊笑顔で描く子がいたり、「髪は茶色~」と細かいところにもこだわったり、服装を想像しているのでしょうか「ママね~、ピンク~(*’▽’)」と言いながら、お母さんへの思いをいろんな色で表現しているのがとても印象的でした!!
  

最後に、出来上がった作品に自信満々の様子で「見て見て~、ママかいたよ~」と見せてくれる微笑ましい様子があちらこちらで見られました。そこに、もう一工夫することにしました。それは、園のプランターで笑顔一杯な姿を見せてくれている、色とりどりのパンジーの花を押し花にし、これをしおりのワンポイントに付け加え、冒頭のようななかなかの出来映えのしおりの完成となりました。特に、今冬のような寒い風雪にも耐えたパンジーに思いを馳せると、こどもたちにもこんな逞しさが備わりますようにと願っての押し花づくりとなりました。
 
0歳児は、お絵描きはまだ難しい段階なので可愛いお手々で思いを伝えることにしました。なかなかの出来映えの作品を前にしながらも、月齢が上のお友だちから「これ渡したら、ママ喜んでくれるかな~?!」と期待半分、不安半分の複雑な心のうちを口にしていました。さて、お母さんの思いはいかがだったでしょうか?もちろん「!」ですよね。来月は、「父の日」です。次は、どんな形でお父さんへの思いを表現するかは、乞うご期待下さい!!


2017年以前の園便り