園便り

食育活動🔪クッキング(^^♪

2018年07月26日 ふるいちからの園便り

猛暑や酷暑の続く日々…🌻そんな暑さももろともせず、”太陽の花”・ひまわりの目に目映い黄色の花が、暑さでげんなりした人間を元気づけてくれる今日この頃。こどもたちは一般に”風の子”と言われ、寒さに強いというイメージですが、英語表記では”Children are happy to be outdoors in all weathers”となり、オールシーズン元気!!ということで、お疲れ気味の大人を尻目に元気一杯に”夏”を謳歌するかのごとく、水あそびをはじめ夏遊びを楽しんでいます。💦プール開き間もなくは、顔に水がかかると💦「いや~‼」と水恐怖症を克服できないでいたのに、今では人が変わったような素振りで水遊びを楽しんでいます。”水遊び”は、こどもたちに暑さから来る疲れを取り除くために、よく休んで元気になるようにたっぷりお昼寝するように魔法をかけてくれるので、その日ばかりは”グゥ~、グゥ~~”と寝息の立つのが早いように感じるのは気のせいでしょうか?
 
今回はシチューに入れる具材の下準備をするクッキング教室を開催しました。まず、0歳と1歳児のお友だちが、じゃが芋や人参をボールの中でゴシゴシと洗うことにチャレンジしました(*’▽’)。💦人参やじゃが芋のごつごつした表面をしっかりと感触を確かめながら、丁寧に手づかみで水洗いしていきました💦おかげで、人参もじゃが芋も水遊び後のこどもたちのようにスカッと綺麗になっていきました!!
   
2歳児は、玉ねぎの皮はがしに挑戦です。玉ねぎの皮のはがし所を指先で探し、見つけると(見逃さないように)しっかりと指先で掴み、丁寧に一枚一枚皮むきをしていきました。幼児ですが、一つのことに没頭し、集中する力は傍で見ていても素晴らしいものを感じました。集中できる「何か」を見つけてあげ、それに没頭できる環境を提供してくことは月齢に関係なく、必要なことだと改めて感じ入った次第です。そうこうしていると、玉ねぎの皮むきが出来、何かをやり遂げた時の清々しい面持ちで「できた~😊」と満面笑みで、その達成感を訴えていたのが何とも印象的でした!!
 
最後の取を飾るのは、以上児の面々となります。前述のように未満児のみんなが悪戦苦闘しながら💦洗った人参や皮むきをした玉ねぎを🔪包丁で切りました。
  
調理スタッフの見守りの中、まずは「(=^・^=)猫の手よ~」と言葉をかけてもらい、教えを忠実に守り、慎重に切っていき、実際に切れると「わ~っ、すごい~‼」と感激の声が次から次へと湧き起っていました。調理スタッフがこれらの仕込み済みの食材を使ってシチューを作ってくれました🍴食事の間、こどもたちは、その時のことを思い浮かべるように「人参、切ったよね~」、「これ、僕が切った人参?」や「私が、切ったよぉ~‼」と話題は尽きることなく盛り上がっていました!!自らが手をかけた料理には思い入れも沸くようで、思いと共に食がいつも以上にすすでいるように感じました。                                

このような形で食材に実際に触れ、実食に繋がるクッキング教室を今後も続け、こどもたちの食バランスが広がるきっかけになることを願っています。ちなみに、出来上がったシチューはご覧の通りで素敵な料理としてみんなの食卓に上り、存在感を示していました!!


2017年以前の園便り