園便り

☆クッキー作りに挑戦🍪✨☆

2018年07月26日 いつかいち(本園)からの園便り

今夏は、太平洋高気圧が日本列島にどっかりと腰を下ろし、居座る形なので全国的に気温がうなぎ登りで記録的な猛暑日が続いています。日中、心の準備もなく、ちょっと油断して外に出ようものならムッとするような高温多湿にノックアウトされそうになる状況、というのは大袈裟でしょうか?しかし、昨今の猛暑事情はニュースで表現されているように”身の危険にせまる”酷暑であることは間違いありません。もしかしたら、こんな状況を”灼熱”というのではないでしょうかねぇ?!毎日、”プールde水あそび”はこどもたちにとって暑さをしのぎ、心地よさをもたらしますが、、さすがに毎日となると、そこは変化球的な楽しみも必要となってくるというものです。そこで、 今回は、年少児が代表する形でクッキング教室でクッキーづくりにチャレンジすることになりました🍪✨

園では、何度か催していることもありクッキングは人気の教室の一つとなっており、みんなも心待ちにしていたようで自分たちの番と告げられると大喜びでした😆🍴それでは、”Shall we cook?”でクッキング教室スタートです!今回の工程としては、まず前日に調理スタッフが手ごねして冷蔵庫で寝かせた、団子状の生地をのし棒で延ばす、工程が第一工程です。これ、生地全体に均一に力をかけ、延ばしていくので結構、大変な作業です。その次の工程は、生地の上でトントンしてハートや動物などに型抜きをしていきます。

各自、クッキングで心弾む意気込みで席についてはみたものの、目の前には見たこともない丸い、薄黄色の塊が鎮座…「これなぁに?」や「これ、知っとるよぉ~、でも、クッキーと違うなぁ…」と見当がつかなかったり、当てずっぽな意見などで反応も様々でした。でも、その匂いは、”いいにお~い💗”で”クッキーのにおいがする~😋”と段々と核心に迫ってきていました✨まずは、重労働でもある生地を延ばす工程で、保育や調理スタッフと一緒に力加減に気をつけながら均等に延ばしていきました。こどもたちにとって均一の厚さの調節が難しい工程ではありましたが、何でも興味関心があるこどもたちにとっては何ら苦痛とはならず、むしろスタッフと楽しんで取組めていました!!

そして、クッキーづくりも佳境に突入、こどもたちにとっても楽しみが倍増する✨型抜きの時間となりました🍪ハート形💗やウサギ型🐰など、いろいろな形に目を輝かせる子ども達でした👀「よいしょ!」と力まかせに押し、型を取り出して出来る、造形物に思わず「わぁ~!すご~い✨」と感激まじりに喜び、一生懸命に次から次へと芸術作品(?!)を作り上げていきました🍪

焼き上がったクッキーは、午後のおやつで頂きました🍴☕「このクッキー、年少のみんなが作ったんだよ~」と改めて保育スタッフがおやつ前に告げると、みんなからは「すごいね~😆」とか、クッキーを口にして「おいしいね~😋」と舌鼓を打ってお褒めの言葉が飛び交い、年少児も少し鼻高々の状態で喜んでいました💖


このような形で毎回、挑戦するクッキング教室。それぞれが素晴らしい出来であるのは間違いありませんが、今回のクッキーは毎日続く厳しい暑さを吹き飛ばしてくれる程の出来で、大変美味しいクッキーでした🍪このことは、みんなが早々と完食したことからも窺えますし、元気をもらったように笑顔に溢れていたことからも言えるのではないかと思いました。是非、お家でもお子さまと一緒にクッキングを楽しみ、食べる機会を持ってみて下さいね。きっと、格別の味がすること請け合いですよぉ~!!さて、次回はどんなクッキングがあるのか今から待ち遠しい限りです。どうぞご期待下さい!!


2017年以前の園便り