園便り

見て~新しいおもちゃだよ🎶

2018年08月08日 いつかいち(分園)からの園便り

夏の風物詩の一つ、連日の猛暑をさらに際立たせ、今が夏真っ盛りと気付かせてくれる蝉の声。それもあぶら蝉やクマ蝉からツクツクボウシへとバトンタッチされようとしているので季節も”秋”へ移り変わっていこうとしているのかもしれません…日頃、懇意にしている近隣の方からこどもたちの後学のためにと”セミ”や”抜け殻”をお持ち頂き、こどもたちも大興奮💨丁度、午前のプール遊び時間帯でしたので、「セミさん、見とってねぇ~」水遊びをしながら、一緒に暫し過ごしていました☆ところが、ある子から「先生っ!!セミさんが元気ない😢」の発見から「セミさん、死んじゃった😢でも、別のセミさんは、頑張って生きてるよぉ~!」といつしか蝉の動向が気になって仕方がない状況に陥りました。
 
このような蝉の一生を間近で観察し、命のはかなさみたいなものを感じ、そこからこどもたちの心に芽生えた”優しく、思いやる部分”が育まれてきていることを傍で見ていて感じ入った次第です。こんな素晴らしい体験・経験をする機会を提供して頂いた近隣の方には改めて感謝の念で一杯です。いつもありがとうございます!!
 
次に、園での”New Spot”をご紹介します🎶それはズバリ、”お・も・ちゃ!!”その存在が視界に入るなり、どの子も獲物を追う野生動物のように目はキラキラ~、俊敏なフットワークでお目当てのおもちゃへレッツゴー!!中には、目移りする種類のおもちゃ群に戸惑う子も出てくる始末…0・1歳児には、指先を使う”型はめ”や”コロコロスパイラルタワー(ボール落とし)”が好評のよう❤2歳児には、”マグネットブロック”と”お人形(着せ替え服もあるよぉ~)”がお気に入りのよう♫また、月齢に関係なく人気なのが冒頭にある、”街の一角が描かれたマット”です!ご覧のように、どの子もプラレールや自動車をマットの上で無心に走らせて遊んでいる姿は何とも言えない光景となっています。夢中になれるってすごいことですよねぇ~!!
 
では、各月齢の遊びぷっりをもう少し詳しくお伝えしましょう。0・1歳児は、”コロコロスパイラルタワー”から落ちてくるボールにくぎ付け状態!コロコロ、クルクルとボールが転がりながら降りてくる様が楽しいようで、思わずパチパチっと手をたたいてご満悦の様子😊”型はめ”では、(形や大きさなどに苦戦しながらも…)いろいろな形の中からお目当ての形に行き当り、型に合致すると、”やったー!”と言わんばかりに大満足で何とも言えない笑顔の花がパッ~と咲き誇ります!!回りの”じょうずっ~”の声にも満更でもない破顔がさらに続きます。
 
2歳児は、色とりどり、形もいろいろなマグネットブロックを器用に組合せ、頭の中の想像(創造)の世界を造り上げていくことに夢中です。”こどもの無限性、ここにあり!”といった感じです。😊最後に、日頃、接する小さいお友だちにケアに心砕くようになってきた2歳児は、疑似”お父さん”or”お母さん”になりきって抱っこしたり、ミルクを飲ませたり、保育士顔負けするくらいの”横抱きde寝かせつける姿”も見られたりと、一人ひとりが思い思いの人形遊びがそこにはあります。このような形で、こどもたちが遊びを通じ、想像(創造)の世界や(貸し借りなども含めた)思いやる心の育みなどが広がっていく様子を今後も見守っていくようにします。


2017年以前の園便り