園便り

☆さて!! 何色になるでしょうか~🎨❔☆

2018年08月06日 いつかいち(本園)からの園便り

今週7日は”立秋!”7月の梅雨明け以降、日中はともかく朝夕も間断なく続く”蒸し暑さ”に辟易していましたが、今月は”小さい秋”の気配が漂い始めました。それは、”夜の虫の音”であり、日中の突き刺すような強い日差しに和らぎが感じられるようになったこと、朝夕に涼しさが感じられるようになってきたことでしょうか…まだまだ残暑厳しい日々が続きそうですので、どうぞご自愛下さいませ!!そんな中ですが、こどもたちは相変わらず、生き生きとした笑顔と愛らしい仕草で元気一杯に園生活を過ごしています!!そんな姿の一つひとつから癒しパワーや元気をもらってスタッフも元気にケアに当たっています。


暑い夏遊びといえば、”水遊び”が定番ですが、それだけじゃ楽しくないとばかりに今回は”色水遊び”をご紹介します。園では毎月、季節感漂う童謡を唄ってきています。その中の一つに”どんな色が好き”という唄があります。”どんないろがすき~(あか)、あかい、いろがすき~、いちばんさきになくなるよ~、あかいくれよん、その後のあお、きいろ及びみどりと同様の歌詞で最後は全部の色が好きという内容の童謡となっています。この唄、こどもたちにも大人気!!また、こどもたちの中で密かなブームが色塗り遊び…だからでしょうか、この日に「今日は、色水遊びをするよぉ~」とスタッフから説明を受けると大きなどよめきが起きたと感じたのは気のせいでしょうか!?

冒頭にあるような数種類の色水でなく、赤、青と黄の3色の食紅で着色した水を用意し、”ジュース屋さんごっこ”のはじまり、はじまり~~😁✨ただの単色だと変化がありません。ですから、色を混合するとどうなるか、が今日のテーマ。これをこどもたちとその変化の様子を観察し、一緒に楽しむことにしました…😆「へぇ~、そうだったんだぁ~」とばかりに 驚いていたり…😲 「な~るほどねぇ~」と観ている子など、様々でした。次から次へ色が変わっていく様子をお互いに教え合うように声を上げていました👀✨

未満児は、(色の変化、云々というよりは)コップに色水を入れたり、それを別のコップに移し替えるのが楽しかったようで、全身汗ばみながらも無心に遊んでいました✨✨年少児は、未満児の無差別的な色混ぜ遊びから生じた色水を前にし、「赤と青と黄色の三色しかないのに未満児が、緑や紫やオレンジのジュース作ってたんだよぉ~、不思議だね~」という率直な疑問と共に、見る見るうちに”色”への興味関心袋が頭の中に膨らんでいるようでした。それが、次の言動に表れていました。一様に、こどもたちは「なんで~?赤・青・黄だけなのに??」の声… そして、自分たちの活動時間とばかりに、未満児の残した疑問を解決すべく”色水研究”が始まりました。そうこうしていると、「あ~っ!!黄色と青で緑になったよ💖」とか挙句の果てには、「メロンジュース一丁あがりっ💨」と色とりどりのジュース屋さんごっこでとても賑わうことになっていました(^^♪

(もしかしたら、園にある絵本・”6つの色”のことを頭に思い起こしながら、かもしれませんが…)年中・年長児の中には、混色を知っていて『◯色と△色を混ぜると□色になるんよね~♫』という声もあり、より高度な色水遊びが展開されていきました。ですから、今までとは少し趣きも違っていました。そう、ただむやみに色水を混ぜるのではなく、入れる分量を調整することで色水の微妙な変化を観察する、という研究者並みのするどい眼光がそこにはありました!!そして、出来上がった色水の出来具合をみんなで確認し合っていました☆!!このように同じ色水遊びでも、月齢の違いで遊び方がこうも変わるものかと驚かされることばかりでした!!このような形で汗だくとなった色水遊び、こどもたちには大好評でした★まだまだ残暑厳しい日々が当面続きますが、夏バテ等にも配慮しながら元気に楽しく過ごしていけるような遊びをまた出来るようにしたいと思います。乞うご期待下さい!!


2017年以前の園便り