園便り

☆リトミックde👻や🎇、の巻☆

2018年08月20日 いつかいち(本園)からの園便り

今夏は、記録的な厳しい暑さが続き、何をするにしてもにっちもさっちもいかない状況に陥りやすかったのではないでしょうか?今週木曜日は二十四節気の処暑で、現状は台風の影響ではっきりしないもどかしさはありますが、朝夕の涼しさや夜中の虫の音は秋の訪れを感じるには十分な状況にあります。このまますんなりと季節が移ろってくれることを切に願っております。みなさまにおかれましては、季節の変り目は夏の疲れが一気に出やすい時季ですので引き続き、ご自愛ください。 
さて、今回は毎回、こどもたちに大人気のリトミック教室の様子を久々にお伝えしたいと思います。とはいえ、毎月1回のリトミックで、最初はどうも調子が出ず、思うような動きが出来ないのも事実… しかし、リトミックの導入部分での挨拶の場面でそれぞれが名前を呼ばれ、「はぁい✋」と元気一杯に応じる頃には、各自の元気スイッチが自然と入っていくようです(^^)!ぎこちない動きも次第に躍動感一杯の動きに変わり、会の雰囲気も一変していきます✨たとえば、音楽に合わせて手を叩いたり👏 リズムに合わせて歩いたり、止まったり✨ クルクル~と回ってみたり🌀と、みんなの動きや笑顔がそれを物語っています☺
 
リトミックでは先生が毎回、テーマに応じていろんな素材を使った遊びを考案してくれ、その目新しさも手伝って、こどもたちは目を輝かせながら楽しんでいます。その中でも、好評なのが「布あそび」です。これは、”シフォン”と呼ばれる、きわめて軽く柔らかく薄い平織物で、スカーフやベールなどに用いられる素材を連想していただけるといいかもしれません。これまでもリトミックをはじめ、日常の自由遊びでも何回となく遊んできたことがあるので、こどもたちにも馴染み深く、その簡単に変幻自在に姿を変えることのできる”シフォン遊び”は大人気です✨ですから、誰からともなく「〇〇色がいい‼」という台詞が口が出ると、我先に希望の色を獲得すべく「早く〇色ちょうだ~い‼」と身を乗り出す勢いで争奪戦(?)が始まるといっても過言ではありません😋今回は、「おばけ👻」や「花火🎆」を表現し、遊ぶことにしました♫
先生と一緒に手の中に収めた布を(小さめに広げる)小さなものはじまり、中くらいもの、そして大きな花火へと手の広げ方で表現していき、保育室に「ドッカ~~ン‼」と色とりどりの花火が咲いていきました。✨その光景を目の当たりにし、「すっごーい!!」と目をキラキラさせながら楽しいひとときを過ごしていました👀✨
 
最後の最後は、夏の風物詩の一つであり、こどもたちも怖いもの見たさの「おばけ」の表現の場となりました。そこでは、おばけが死装束の一つとして頭につける三角巾束のような、めいめいが頭の上に(それとは似ても似つかない、カラフルなものですが…)シフォンを被り、両手をブラブラさせての可愛いおばけとなったわけです👻✨音楽に合わせ、「おーばーけーー👻」や「どろどろどろ~~💦」と言い合いながら、楽しいオバケ大会の一幕となり、みんなは満面の笑顔で楽しんでいたのがとても印象的でした★さて、来月はどんなレッスンでしょうか…これからもきっと楽しいこと、いっぱいのような気がします(*’▽’)♫


2017年以前の園便り