園便り

Pizzaは最高っ~~、の巻

2018年08月24日 いつかいち(分園)からの園便り

真夏の肌を射す日差しも幾分和らぎ、抜けるような青空もそうですが、何よりも夜遅くから早朝近くまで続く虫たちの合奏が秋はもうそこまで来ている、の感を強くしてくれます。ただ、そうはいっても、日中はまだまだしぶとい残暑でへこたれそうになるのは変わりないのですが、こどもたちは総じて元気いっぱい、残り少なくなった夏を惜しむかのようにプール遊びを楽しんでいます!
 
今回は夏バテで食欲が落ちかけそうな日にでもパクパクいけそうな、こどもたちお気に入りの料理づくりの様子をお伝えします。保育スタッフから「今日のクッキング、何つくるるかねぇ~?」の問い掛けに、思案気ながらも意欲みなぎる顔を覗かせていました♫その後、今日のお題は”ピザ”と分かり、俄然やる気全開のお友だち🍕調理スタッフが具体的な手順を説明する段には、一言一句聞き逃さない、とばかりに集中する姿が見られました💦各月齢毎、大きめの生地の上に夏野菜のナス、トマトやピーマンの他、ベーコンやチーズの具材でのせ、焼き上げていきます♪
 
ご覧のように、まず調理スタッフが腕によりをかけたお手製ピザソースで真っ白な生地を真っ赤にお化粧していきます。それから、めいめい好きな具材を手にとり、生地を顔に見立て目、鼻、口にまゆ毛などを次から次へとつけていきました。特に、0・1歳児は、お皿の具材を見るなりおもちゃを我先に手にとる感覚で確保し、まずはそのことに満足しているようでした。中には、手で触れた生地のモチモチの感触が気に入ったようで何度も指で生地をさするような仕草を繰り返し、その感触を楽しんでいました!!
 
2歳児は、さすがに料理の仕方は心得ているようで、一つひとつの具材を丁寧にトッピングしていきました。ただ、欲張り感が出過ぎたようで、ついつい生地の上はこれでもかの大盛り状態となってしまいました。今回はみんなのお気に入りとあって、各月齢とも最後まで集中力をきらさず、取組めていたのが印象的でした。このようにして、各月齢毎にそれぞれのピザが出来上がっていきました❤2歳児が各月齢を代表し、それらを調理スタッフのところに運び、最後の仕上げ・”焼き”のお願いを丁重にしていました。そんな姿を目の当りにすると、改めて”お兄さん&お姉さんになったんだなぁ~”と実感させられました✨
 
今日のおやつは”ピザ!”というワードが耳に焼き付き、お昼寝だというのに『もぅ~、焼けたかね?』とその成り行きが気になって仕方がない様子でした。しかし、睡魔には勝てずにいつの間にか深い眠りの世界へと入っていきました。そんな深い眠りからすんなりとみんなを引き起こしてくれたのは、もちろんのこと、今日のお目当てのピザでした!!こういう楽しみが待っている場というのは、みんなのはやる気持ちがそうさせるのか、寝起き、排泄、手洗いそして着席といった一連の行動が何時にもましてスムーズだったように感じるのは気のせいでしょうか?!
 
お待ちかねのピザとのご対面とばかりに、給食スタッフが運んできたピザを見るなり「うわぁ~っ、おいしそう~❤」や「見て!焼けとるよっ❣」と感謝感激の言葉が次から次へと発せられていました。そして、一人ひとりに切り分けられたマイピザが配膳されていきました。目の前に置かれた、自身が腕をふるったピザを見つめる目は特別な思いがこもっているように感じました。そして、いざ実食タイムになると待ってましたとばかりに手を伸ばし、大きな口を開け、一気に食べきってしまう勢いでガブリと頬張っていきました。お味は言うまでもなく、満面ニコニコ笑顔が全てを物語っていて、あっという間の完食となりました!!「食は人なり」。こどもたちにとって、これからも山あり、谷ありの食生活だと思いますが、このような機会が少しでも食べれるものが広がるきっかけとなり、バランスよく食べる習慣化の一歩となればと願っています。
 
さぁ、次回は何に挑戦するのか?!!お楽しみに☆彡


2017年以前の園便り