園便り

🎊楽しかったね、合同運動会(未満児の部)!!

2018年10月20日 いつかいち(分園)からの園便り

祝、セリーグ3連覇&おめでとう、日本シリーズ出場決定!!我が郷土の愛する広島東洋カープの快挙が決定したのが19日。その翌日、躍動するカープにあやかり、赤ヘル軍団のユニフォーム姿のスタッフが見守る中、本・分園による第1回合同の運動会が、佐伯区スポーツセンターでとり行われ、ちびっこの森の園児による熱戦が繰り広げられることとなりました。季節柄 朝から各種行事がびっしり組まれていた関係から、午前ではなくお昼過ぎからという変則的なスタートとなりました。ただ、この日を心待ちにしていたお友だちだったので、どの顔もこれからはじまるワクワクな行事に心ときめくといった感じで、おうちの方とニコニコ笑顔で来てくれていたのが印象的でした。
 
とはいえ会場の広さに加え、多くの保護者の方々に囲まれた、いつもと違う雰囲気に圧倒され、思わず涙が出てしまう子もチラホラ…ただ、この日に向け練習を積み重ねてきた入場行進のテーマ・”さんぽ”の馴染み深い曲が流れると、涙も不思議と止まり本番モードに突入できていたのには感心しました。その後、元気一杯のディズニー体操が披露した後、最初の競技の”かけっこ”がはじりました。出場順に名前がコールされ、モジモジ対応の子に対し、「ハイっ!」と元気に返事し、快走してみせる子もいたりでなかなかの競技となっていました。
 
親子競技”大物ゲットできるかな?”では、ニコニコ笑顔で保護者の方々と終始、楽しみながらの競技となっていました。競技内容としては、わかめをイメージしたカーテンをくぐったら、大小様々なお魚がいる池に行きつき、選り取り見取りで好きな魚をゲットし、最後は保護者が誘導する”船(箱)”でゴールを目指すという内容。「やった~っ!!」という達成や満足感たっぷりの顔でみんな、ゴールをしていたのが印象的で、大変盛り上がった競技となっていました。
 
今回の運動会での見応え十分の競技はずばり、2歳児の遊戯”忍者に変身”だった、と言えます。この遊戯の冒頭部分では、”しっしっ忍び足~♫”のBGMに合わせ、一人ひとりが忍者のコスチュームに身を包み、抜き足差し足忍び足で入場することができ、見事に忍者になりきって登場。その後、遊戯のテーマ曲・”しゅりけんシュッシュッ♫”に合わせ、本当に手裏剣をシュッ、シュッしているかのような錯覚に陥る程の演技力を発揮して、お遊戯をしていました。また、(お遊戯の挿入競技としての)忍者修行の障害物競争部分の個人競技では、体操教室の先生のご指導もあり、”前転”や”平均台渡り”など器械体操の一部を披露することが出来、日頃の様子を少しだけ垣間見れたのではないかと思います。
 
入場行進にはじまり、かけっこ等の各競技での園児一人ひとりの様子から、普段にはない成長ぶりの一端がご覧いただけたとすれば何よりです。この運動会から言えることは、みんなが諸活動の中で楽しみを感じ、少し背伸びするようなことでも果敢に挑戦し何度か挑戦する中で、成功する体験を積み、さらなる上を目指すきっかけづくりへとつながることが出来るよう、今後も見守っていきたいと思います。最後に、この度の運動会では各競技のスムーズな運営が出来ず、皆さまが楽しみにされていた競技の一部を割愛してしまう、という失礼な対応がございました。この場をお借りし、改めてお詫び申し上げます。一方、保護者の皆さまには最後まで温かい拍手と声援を送っていただき、こどもたちは楽しく競技に集中することができました。改めまして、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました😊
 


2017年以前の園便り