園便り

☆🍭いらっしゃいませぇ~~🍰☆

2018年12月03日 いつかいち(本園)からの園便り

「師走」だというのに、12月第2週目は”夏日”を記録するなど、冬らしからぬ天候で少々、戸惑い気味の1週間となるのかなぁ~と思いきや、”そうは問屋が卸さない”展開となりました。そう、今月7日は二十四節気の”大雪”で、それに合わすかのように本来の冬らしさがようやく舞い戻ってきました。この日は、一般的に山岳だけでなく、平野にも降雪が始まる時期を指し、いよいよ”snow season”本番が始まると言ってもいいかもしれません。急な寒暖差となりますから、今一度気を引き締め、感染症予防をしていくようにしましょう!!


今回は古市の園と内容が被ってしまう感じとなりますが、以上児の”お店屋さんごっこ”の模様をお伝えします。それは、10月、午睡時間中の年長児のお勉強時間の中からはじまりました。現在、就学前準備として「読み」「書き」などのワークシートをした後、外遊び&お絵描きなどをして過ごしているのですが、ある時、ある子が自由遊びの中で折り紙をハサミで切り、画用紙に飾りつけ、食べものを作ったことがきっかけで、次から次へと完成していきました。そこで、それならいっそのことみんなで食べものを作り、”お店屋さんごっこ”をしようという流れとなった訳です。そんなこんなで、先月には”お店屋さんごっこ”プロジャクトが発足(?)し、スタートすることになったのでした🍭

みんなの間で「何を作るの?」「どうやって作るの?」という声があがり、「これは、どう?」「だったら、あれもいいよね」と、次から次へと食べものアイテムが頭に浮かび、楽しみながらの制作づくりが着々と進んでいきました💖結局、みんなが提供する食べものは、全部で6品で、「ピザ」・「お好み焼き」・「焼きそば」といった定番のものから、「アイスクリーム」・「ぺロペロキャンディ」・「ケーキ」といったスウィーツまで取り揃え、目移りするラインナップとなりました🍰それぞれの食べものの内、2つ毎に制作担当を決め、みんなで楽しみながら作り上げていきました。例えば、絵の具でお好み焼きのソースに見立て、まるでお好み焼き屋でお好み焼きにペタペタ塗っている感覚で楽しみながら飾りつけしたり、とみんなは、それぞれの食べものをまるで自分が目の前で料理をするかのようなイメージを頭の中に思い浮かべながら精々、作り上げていく姿はなかなかのものでした。


ということで、出来上がった食べものの品々からは、今にもプゥ~ンと美味しそうな匂いが漂い、鼻の中を抜けていきそうな感じでした💖ですから、こどもたちの反応も一応に「美味しそう〜!」、「食べたいなぁ〜!」と無邪気で正直なものばかりでした。また、お店屋さんごっこで重要な役割を果たすメニュー表も子どもたちの手作りです💨メニュー書きは年長児が担当し、メニュー表飾りのちぎり絵は、年中&年少児が担当し、これまた見るだけで食欲を誘ってくれそうな出来映えとなりました✨


そして、”お店屋さんごっこ”の当日をいよいよ迎えることとなりました。この日ために、来店客用の”お財布”と”買物袋”も別に制作し、準備万端👀✨そうこうしていると、何処からともなく、見よう見まねで「いらっしゃいませ〜!」と店員担当の元気なかけ声があちらこちらでこだまし始め、”お店屋さんごっこ”がスタートしました💨

お客:「すみませ~ん!! ○○を1つください!」に対し、店員:「はい、お買い上げありがとうございます」、「代金は○○です」お客:「ありがとう!」のやりとりが繰り広げられ、こどもたちは見ていないようでこんなやりとりを興味深く観察し、ちゃんと頭にインプットしているんですね。こんな”ごっこ”遊びでみんなは盛り上がり、沢山の笑顔を見られましたよぉ~(^^)!今回の行事から”みんなで作り上げることの楽しさ”や”店員やお客の役を決め、なりきること”など通じ、普段の大人の世界に少しだけ足を踏み入れ、実体験し、楽しむことができたのではないかと思います。これからも、こどもたちが、いろいろな経験を通じた遊びの展開を広げ、さらに楽しむ事ができるようにしていければと思います。次回はどんな出会いがあり、どんな楽しみが出来るか、今から楽しみな限りです?!


2017年以前の園便り