園便り

好評だった、🍓のクレープ!!

2019年03月12日 いつかいち(分園)からの園便り

ようやく春めいてきて木々の芽もふくらみ、そろそろ梅から桜へとバトンタッチも間近の今日この頃。うららかな春の陽気の中、こどもたちにとって外遊びも心地よく過ごせる季節となりました。ただ、こどもたちには今週末に予定されている”生活発表会&巣立ちの会”に向け、最後の追い込みがあるのでそれもままならないのが実状ですが…また、その様子は後日改めてご紹介しますので、お楽しみにしておいて下さい。今回は、こどもたちに絶大な人気の”クッキング教室(クレープづくり)”ですが、今月で巣立つ2歳児には最後となりますので、その様子をご紹介します。
 
その日の朝、「今日お昼寝から起きたら、クッキングよぉ~」とのアナウンスメントを受け、「えっ~~クレープ!!」や「やったぁ~、クレープつくるんとぉ~」とオーバーリアクション気味な反応を示したのが女の子チーム。余程、ドストライクだったようで暫くの間、興奮がさめやらない感じでした。お昼寝時間近くになると、女の子チームは想像力をさらに膨らませ「中身は何かね?」、「りんごじゃろ」や「えっ~~、いちごがいいよぉ~」など話題に事欠かない様子で、クレープの中味談義はいつまでも尽きることのない感じでしたが…楽しいことはお昼寝明けに持ち越すこととし、いつの間にか夢の中へと誘われていきました。
 
そして、お昼寝明けには ”クレープづくり”が、いざスタート!!(あらかじめ、お昼寝中に準備しておいた)クレープ生地が一人ひとりに配られると、こどもたちのやる気スイッチは一気にオン状態になり、気掛かりだったクレープの中味が”ホイップクリーム”と”いちご”と知らされ、こどもたちは「やった~!!」と大喜び。なかには、まだ説明中の最中なのにフライングよろしく手でクリームをペロリと味見をする子が出てしまう始末、でした。みんなは給食スタッフの説明通りにクレープ生地の上にホイップクリームを乗せ、いちごをトッピングしいき、なかなかの出来に思わずニンマリ顔があちらこちらで見られました。
 
最後の仕上げは生地をクルクルと巻いてくのですが、これが少々難しく悪戦苦戦…そんな状況に助け船を出そうとするとあくまでも”自分で!”を貫き通し、完成させていく様子は頼もしさを感じました。そんな形で作り上げたクレープの味は満面の笑みが全てを物語っているようでした。それは、ご覧のような 口の周りをクリームだらけにしながらも「おいしぃ~」とクレープをひたすら頬張る姿からも分かります。今年度、このような形でいろんなクッキングする機会を設け、こどもたちに”食”に関し興味関心を持ってもらえるように試みてきました。これもそれも、給食スタッフがこどもたちのことを考え、知恵を絞り、工夫をしてくれた成果だと思います。今後も園全体でこどもたちの食育を進めていければと思っておりますのでよろしくお願いします。
 


2017年以前の園便り