園便り

~園内行事エトセトラ~

2019年04月24日 ふるいちからの園便り

心地よく吹き抜ける風が、新緑をバックにした鯉のぼりの勇壮な舞いを演出してくれる今日この頃。日によっては早くも夏日を記録する天候もあり、熱中症に気をつけていこうと思います。そんな中、こどもたちは園生活にもすっかり慣れ、日々楽しく過ごしていますので、その様子をお伝えしたいと思います。
 
≪カレンダー製作:こいのぼり≫
5月といえば、まずもって「こどもの日」で”鯉のぼり”。そこで、みんながイメージしやすいように”こいのぼりのミニチュア”をユラユラ揺らしながら、「こいのぼり」の歌を合唱しました。そんなこんなで導入はバッチリだったので、未満児は、配布された鯉のぼりに大喜びし、早速 シール貼りやタンポでウロコづくりのデコレーションに取り組みました。最後の仕上げには自分たちの写真が貼られ、嬉しさも倍増deニコニ笑顔になっていました。
 
以上歳児は、トイレットペーパー芯で”鯉のぼり”づくりにチャレンジ。3歳児は、その鯉のぼりをタンポでウロコのデコレーションをし、楽しんでいました。
  
4&5歳児は、トイレットペーパーの芯を片一方の真ん中から三角に切り込みを入れ、鯉のぼりを表現。そこに、細長く切った折り紙を海苔巻きの要領でクルっと糊付けし、キリっと引き締まったシェイプに仕上げました。背景画として3歳児は野原に折り紙の苺を、4・5歳児は紙粘土で苺を表現し、3歳児はタンポで雲を、4~5歳児は綿で立体的な雲に仕上げていきました。各月齢それぞれが風薫る5月の風物詩・鯉のぼりを独創的に表現していました!!
 
≪食育:おやつバイキング≫
園お初の試みde”おやつバイキング”を実施しました。といっても、対象は2~5歳児なのですが…その内容は、(かぼちゃ、人参、ほうれん草にごま)4種類の蒸しパンの中から好きなパンを選んで食べれる、というもの。しかも普段、1階で過ごすことが多い2歳児が月齢上のおにいちゃん&おねえちゃんと一緒に2階でおやつを食べれるとあって嬉しさも格別といったところでした。
 
当日、調理スタッフが4つの入れ物を携え、みんなの前に登場。それぞれに食材で彩られた蒸しパンを準備。それから、調理スタッフがおもむろにそれぞれの”味”について食材の写真を交えて説明をしました。それは、こどもたちにはとても理解しやすかったようで最後まで説明に耳を傾けていました。そして、今回のクライマックスとして自分たちで好きなものを選べると知らされると、思わず「ヤッタ~~!!」と歓喜の声が沸き起こりました!!
 
4&5歳児は、トングを使い上手に取り分けていけていたのにはさすがと感心させられました✨一方、月齢下の園児も多少、トング使いに難はあったものの、最後は工夫して取っていくところはなかなかのものでした。みんなが思い思いに取り皿に好きな蒸しパンを取り、いざ実食の段となると笑顔でパクパク、モリモリと食べていたのが印象的でした。
 
今回、大好評だった”おやつバイキング”。これからも定期的に調理スタッフによる、このようなお楽しみの食育活動がある予定です。こどもたちにはきっと思いがけないサプライズなプレゼントとして登場すること請け合いです!?


2017年以前の園便り