園便り

👩お母さん、大~好き💖

2019年05月10日 ふるいちからの園便り

今春は4月中旬までお花見ができたり、5月に(関東地方で見られたような)雹(ひょう)が降ってきたりと安定しない天候が続いてきますが…6日の立夏を過ぎ、これから日中は汗ばむ気候が続くことが予想されますので体調管理に努めていきたいと思います。さて長~いGWの大型連休明けには「おはようっ~!」ととびっきりの笑顔だったり、長いお休みで少しホームシック気味で涙顔だったりと登園模様は様々でした。今月12日は、こどもたちの大好きな母に「いつもありがとう」の感謝の気持ちを込め、プレゼントする「母の日」ですね。今回は、「お母さん、よろこんでくれるかな❓」と不安混じりながらも大きな期待に胸を膨らませて取り組んだ製作づくりをご紹介します。

<乳児組>
0・1歳児は”可愛い手型”をカーネーションの花に見立たメッセージカードやクリアファイル壁掛けづくりをしました。この月齢児は、掌に絵の具をつけるのは”お初”のようで思わず尻込みをする子が多い中、そんなのお構いなしにへっちゃらの”へ”の字で臨む子がおり、そんな様子に安堵したのか、徐々に他の子も手形スタンプに勇気を振り絞っていました。

クシャクシャッと丸めた花紙でお花を表現した花束のメッセージカードづくりをしたのが2歳児たち。「お母さんに🎁プレゼントするんだよ!」と伝えると、お母さんへの思いが沸々と湧き上がってきたのか、いつにもまして集中して取り組む姿があちらこちらで見受けられました。一人ひとりの力加減や広げ具合などもあり、大変個性的な作品に仕上がっていったのは何よりでした。

<幼児組>
3歳児は、彩りよく背景画をタンポで飾り付け、折り紙の”カーネーション”と”(自ら画いた自信作の)お母さんの顔”をあしらったメッセージカードを、4&5歳児は”お母さんの似顔絵”と”(自署による)いつもありがとう”のメッセージを添えた壁掛けをつくりました。3歳児は以前、カレンダー製作で”いちご”を折り紙で折った経験もあり、自らの手でカーネーションを仕上げていたのには驚かされました。また、その茎は折り紙を丸めたもので立体的な仕上がりとなり、なかなかの出来映えに満足の様子でした。

4&5歳児は、月齢が上だけに凝りようはなかなかのもの。それは、お母さんの顔を再現する際に”ママの目ってどんなだったかいね?”や”髪の色は?”等とお友だちとお母さんの話で盛り上がりながらも、集中し忠実に描く姿に表れていました。また、圧巻だったのが、書道教室の成果が発揮される形となったメッセージ部分で一発勝負でしっかりと書き込みが出来ていたのには驚かされました。また、今週末のお迎え時、お母さんに直に「ありがとう💕」と心のこもった感謝の言葉と共にプレゼントを手渡しが出来ていたのは何よりと感じています。
 
<行事食>
この連休明けの初日の給食は、「こどもの日」にちなんだ献立内容の行事食です。給食は、”スパニッシュオムレツのこいのぼり”、おやつは、春巻きの皮をつかって”かぶと”を表現したアップルパイとなっています。これには、こどもたちも大喜びで一つひとつの食べ物から元気をもらうかのように一口一口味わうように食べていたのが印象的でした!!


2017年以前の園便り