園äžŋり

🍅おおきくãĒあれ🍅

2019åš´05月07æ—Ĩ ã„ã¤ã‹ã„ãĄ(分園)からぎ園äžŋり

夊įš‡é€€äŊã¨åŗäŊã§æ”šå…ƒčŋŽãˆãŸã€äģŠå›žãŽGWは最大10é€Ŗäŧ‘ãŽå¤§åž‹ãŽã‚‚ãŽã§ã—ãŸã€‚é•ˇīŊžīŊžã„é€Ŗäŧ‘明けãĢ園ãĢはぞた、かわいいįŦ‘éĄ”ã¨įŦ‘いåŖ°ãŒæˆģãŖãĻきぞした。äģŠåš´ã‚‚昨嚴同様、トマトジãƒĨãƒŧ゚で有名ãĒéŖŸå“äŧšį¤žã‚Ģã‚´ãƒĄã•ã‚“ã‚ˆã‚ŠãƒˆãƒžãƒˆãŽč‹—ãŽæäž›ã‚’ã„ãŸã ããžã—ãŸãŽã§ã€2æ­ŗ児を中åŋƒãĢč‹—æ¤ãˆã‚’ã—ãžã—ãŸã€‚ã“ã‚Œã¯ã€æ—Ĩ々ぎ水やりį­‰ãŽãŠä¸–čŠąã‚’é€šã˜ã€Œå‘Ŋへぎé–ĸåŋƒã€ã‚’育ãŋ、果原収įŠĢと原éŖŸã¨ã„うことを通じ「感čŦã™ã‚‹æ°—æŒãĄã€ã‚’č‚˛ãŋã€ã€Œé‡ŽčœåĨŊき」へとįš‹ãŒã‚‹ããŖかけãĨくりをį›ŽæŒ‡ã™â€éŖŸčž˛æ´ģ動”です。äģŠå›žã¯ã€ããŽæ§˜å­ã‚’おäŧãˆã—ぞす。

 
  
é€Ŗäŧ‘前、園前ぎテナ゚ãĢブãƒĢãƒŧã‚ˇãƒŧトをåēƒã’、プナãƒŗã‚ŋãƒŧ内ぎ土を一æ—Ļ、取りå‡ēしãĻ”土ãĨくり”から゚ã‚ŋãƒŧト。「ãĒんだかå…Ŧ園ぎį ‚とは違う感じかãĒぁīŊžīŧŸã€ã¨į›ŽãŽå‰ãŽåœŸã‚’čĻ‹ã¤ã‚ã‚‹ãŠå‹ã ãĄã€‚ぞず、土åŖŒãĨくりãĢæŦ ã‹ã›ãĒいč‚Ĩ料を土ãĢæˇˇãœåˆã‚ã›ãĻいくぎですが、ãŋんãĒがわかりやすいようãĢ、「ãŋんãĒも元気がãĒい時ãĢは、おč–ŦをéŖ˛ã‚€ã‚ˆã­īŧŸåœŸãĢも元気ãĢãĒるようãĢおč–Ŧīŧˆč‚Ĩ料īŧ‰ã‚’あげようねīŧã€ã¨äŧãˆã‚‹ã¨ã€ã€Œã†ã‚“īŧã€ã€Œã†ã‚“īŧã€ã¨ã†ãĒずいãĻいぞした。
  
そぎäŊœæĨ­ä¸­ã€äŊ•ã‚„らプīŊžãƒŗとč‚Ĩ料ぎãĢおいがįĢ‹ãĄã€ã€ŒãĄã‚‡ãŖとãĢおいを嗅いでãŋるīŧŸã€ãŽčĒ˜ã„ãĢ思わずį›Žã‚’čŧã‹ã›ã€å‰ãŽã‚ã‚ŠãĢãĒã‚‹ãŠå‹ã ãĄã€‚ã¨ã“ã‚ãŒã€ããŽæœŸåž…ãĢ反し、č‚Ĩ料ぎãĢおいは「くさīŊžã„!」と思わずåŖ°ãŒå‡ē、åŖ元をæŠŧさえたり、éŧģã‚’ã¤ãžã‚“ã ã‚Šã€éĄ”ã‚’ã—ã‹ã‚ãŸã‚Šã€ãã‚€ã‘ãŸã‚Šã—ãĻいぞした。中ãĢは、全į„ļåšŗ気ãĒ、åŧˇč€…もいるãĢはいぞしたが、とãĻも少数洞でした。土とč‚Ĩ料を万遍ãĒãæˇˇãœåˆã‚ã›ã‚‹ã¨åŒæ™‚ãĢ、土ぎ中ãĢįŠē気をåĢぞせãĻいく意å‘ŗ合いもあるぎですが、ãŋんãĒが頑åŧĩãŖãĻ取りįĩ„んでくれたぎで意外ãĢ旊くįĩ‚えることができぞした。いよいよプナãƒŗã‚ŋãƒŧãĢ土をå…ĨれãĻいきぞす。すると、äŊ•å‡Ļからįžã‚ŒãŸãŽã‹ã€ã€Œã‚īŊžãŖ、ミミã‚ēīŊžīŧã€ã¨å¤§ããĒミミã‚ēをį™ēčĻ‹ã™ã‚‹ã“ととãĒり、æšĢしčĻŗ察ã‚ŋイムが新たãĢ加わることãĢãĒã‚Šãžã—ãŸã€‚čˆˆå‘ŗæˇąãæ‰‹ãĢぎせčĻŗ察する子もいれば、垌ずさりしãĒがらも気ãĢãĒるようで遠į›Žã§čĻŗ察をįļšã‘ようとする子ãĒãŠã€ã“ãŠã‚‚ãŽčˆˆå‘ŗé–ĸåŋƒãŽįš„はå°ŊきãĒいようですね。4つあるプナãƒŗã‚ŋãƒŧãĢ土をå…Ĩれるぎは、こおもぎ手ãĢはかãĒり重労働で時間がかかりぞしたが、やりįĩ‚わると充čļŗ感たãŖãˇã‚ŠãĢやり切ãŖたįŦ‘饔å§ŋã¯å°čąĄįš„でした。

  
長īŊžīŊžã„é€Ŗäŧ‘æ˜Žã‘ã€åž…ãĄãĢåž…ãŖãŸãƒˆãƒžãƒˆãŽč‹—æ¤ãˆã§ã™ã€‚ãžã ãžã ä¸ˆãŽįŸ­ã„īŧˆčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“įš„ãĒīŧ‰č‹—とはいえ、そぎéĻ™ã‚Šã¯įĢ‹æ´žãĒトマトそぎもぎで、ãŋんãĒは「トマトīŧã€ã¨åŖ°ã‚’上げãĻ、įĸēčĒäŊœæĨ­ã‚’įĩ‚えãĻã„ãžã—ãŸã€‚ãžãšã¯ã€č‹—æ¤ãˆãŽå‰ãĢジョã‚Ļロで順į•ĒãĢプナãƒŗã‚ŋãƒŧぎ土ãĢæ°´ã‚’æ’’ãã€č‹—æ¤ãˆãŽäŊįŊŽã‚’æąēã‚ã€č‹—ã‚’æ¤ãˆã‚‹ã‚šãƒšãƒŧã‚šį¨‹ãĢåœŸã‚’æŽ˜ã‚Šã€ãƒˆãƒžãƒˆãŽč‹—ã‚’æ…ˆã—ã‚€ã‹ãŽã‚ˆã†ãĢそãŖīŊžã¨įŊŽãã€æ šã‚‚とãĢ土をかãļせãĻいきぞした。そぎå§ŋからå„ĒしいåŋƒãŽčŠŊãŒč‚˛ãŖãĻいるんだãĒぁとåŦ‰ã—く思いぞした。それäģĨ降、毎æ—ĨおåŊ“į•Ēさんが水やりをしãĻいぞす。水やり初æ—ĨãĢはãŋんãĒで「魔æŗ•ãŽæ–」ぎ手遊ãŗをし、「おいしい おいしい トマトãĢãĒあれ☆」と魔æŗ•ã‚’かけぞした。これから”夏ぎ収įŠĢ時期”ãĢ向け、ãŋんãĒã§ãŠä¸–čŠąã‚’é ‘åŧĩãŖãĻいこうと思ãŖãĻいぞす。そしãĻã€å¤é‡ŽčœãŽäģŖ襨æ ŧぎトマトが原際ãĢčĩ¤ããĒãŖãĻį†Ÿã‚ŒãĻくると、åŒģč€…ãŒé’ããĒるくらいぎåĨåēˇãĢよい栄養į´ ã‚’バナãƒŗ゚よくåĢんだトマトを収įŠĢし、原éŖŸã—ãĻいく中でãŋんãĒãĢきãŖと元気をくれること間違いãĒし、ではãĒいかと思いぞす。おうぞ元気ãĢ大きくãĒãŖãĻねぇīŊžīŊž!!


2017åš´äģĨ前ぎ園äžŋり