園便り

☆コチコチカッチン~…⏰☆

2019年05月29日 いつかいち(本園)からの園便り

そろそろ童謡”コチコチカッチン おとけいさん~♫”の唄があちらこちらで歌われる時季となりますね。そう来月10日は「時の記念日」。日本書記に記された天智天皇が水時計を使い、はじめて鐘鼓(かねづつみ)で時を知らせた日として制定されたもので数ある記念日の中でも最古の部類だそう。この時間感覚は霊長類の中でも人間にしか認められないもので、これがあるから将来に向けた計画、展望や夢が持てるので大切なものだと改めて思います。そこで、園では時計⏰づくりをしましたのでその様子をお伝えします。

 
2歳児は、紙皿に真っ赤な絵の具でペタペタと手形スタンプ✋遊びを楽しみました。それが、あら~不思議、とても可愛いりんごの時計🍎に大変身!!最初、絵の具の冷やりした感触に尻込み気味でしたが、徐々に慣れてくると自ら手を伸ばし色遊びが楽しくなってきたようです。慎重に色付けしていく子や大胆にベタっ~とする子と様々。さらに、みんなの大好きな 「はらぺこあおむし」 の塗り絵もしてたのしみました。それぞれ色選びからはじまり、その筆圧や描き方もしっかりとしており、完成品がどのようになるか、乞うご期待下さい!!

 
年少児は、実際の時計を見て、写生技法で描き、描きしていきました。マーカーで可愛いうさぎの顔と素敵な秒針の模様を描きました🐰✨一生懸命に時計を観察しながら、ひたむきに時計制作に取り組む子たちの姿に感心させられました。そして、一つのものを最後まで自分の手でやり遂げた時の一人ひとりの表情には達成感に満ち溢れ、清々しさを感じました。さて、 どんな時計になるのか楽しみですね⏰✨

 
年中長児は、ティッシュ箱を活用した振り子時計を作りました⏰まずは、ティッシュ箱にこま切れにした色鮮やかな色合いの工作用ペーパーや画用紙でちぎり絵感覚で飾り付けをしていきました。時計の表示板づくりでは、年中児が下書きした数字をなぞり、年長児は(日頃の数字の勉強の成果でしょうか)慣れた手つきで一発本番で表記していきました。振り子は、折り紙をくしゃっと丸めてくっつけます!色も模様もこだわって作った時計♪完成すると、お友達の作品と見せ合いこしたり、とても達成感のある表情で、一緒に喜んでいました♪来月7日にお持ち帰り予定ですのでどうぞ楽しみにしていて下さいね!!


2017年以前の園便り