園便り

☆鮮やかなブルーシー、そして🐠✨☆

2019年06月13日 いつかいち(本園)からの園便り

例年に比べ、梅雨入りが遅れがちの今日この頃。代わりに梅雨を通り越して顔出ししている”夏日”、しかも気温と湿度が高めの不快指数一杯だから体調もついつい崩れがちとなってしまいます。園では、目下のところ夏風邪が流行の兆しで発熱などでお休み傾向となっていますので体調管理に気をつけていきたいと思います。
 
恵みの雨のイメージの6月も残り半月。その後の7月は、一気に”夏モード”となるかもしれませんね?!そんな夏の風物詩の一つが”海水浴”ですので、来月のカレンダーのテーマはずばり”海”に決定しました。今回は、こどもたちが画用紙一杯に青い絵の具で海を表現していく様子などをお伝えしたいと思います。

 
いつもは筆やスポンジを使って表現することが多かった”絵の具de色遊び”…今回は直接、手に絵の具をつけ、感触遊びも兼ねた色塗りに挑戦です。保育スタッフの説明に、最初こそ「手に絵の具をつけてもいい?」と戸惑いと躊躇が見られたものの、一度手に絵の具をつけしまい、その感触にはまってしまうと俄然手が伸び、色塗りが楽しくなったようです。ですから、あっという間に思い思いの”青い海”が表現されていきました。中には、片手では物足りないとばかりに両手を使い、感性の赴くままにダイナミックな色塗りを満喫していました。特に、2歳児は絵の具を塗りながら「すごーい👀✨」と目の前に広がる大海原に感激する様子を見せたり、3歳児は余裕からか「海、行ったことあるよ~!」と海のイメージを頭に思い浮かべながらの感触&表現遊びに没頭していたのが印象的でした。
 

海が出来上がりましたので、次は水性動物の代表の”お魚🐟”✨づくりへと移っていきます。今回は、素材としてアルミ箔を活用したキラキラ感たっぷりのお魚を作りとなります。アルミ箔にクレパスで模様を描いていくのですが、こどもたちの第一印象は「えぇ~!描けるの?」と怪訝そうな表情に…実際に描いてみると普段の紙に描くのとは感じが異なり、こどもたちも新たな発見とばかりに新鮮な体験の下、新種のお魚を表現していきました。他にも、蟹も仲間入りする予定となっています(^^♪現在、鋭意奮闘中ですので出来上がりを乞う、ご期待下さい!!


2017年以前の園便り