園便り

カープに、トマトに、ままごとに…

2019年06月27日 いつかいち(分園)からの園便り

今年はお寝坊気味の”おつゆさん”が、今週ようやく目を覚ましてくれたようで何よりでした。でも、その寝起きは普通ではなく、少し心配しましたが…そんな梅雨入りに、こどもたちはお気に入りの長靴と傘にウキウキ気分で登園して来ます。「雨降ってるね~」と窓辺で外の様子を見ながら会話をしている姿が微笑ましく感じます。これくらい余裕が感じられる雨量なら大歓迎なのですが…どうぞ大雨にはなりませんように!!

今回は、園でのちょっとしたブームをご紹介したいと思います。1歳児は、何と言っても”ままごと遊び”がお気に入りです。テーブルにたくさんの食べ物を並べ、さながらホテルのバイキング(?)のよう。“何をのせようかなぁ~?”と品定めをし、思い思いの野菜や果物をのせ、ついに”特製★お子さまランチ”の完成!!そこからは、ジュースか何かをコップで飲んでみたり、包丁でハンバーグを半分に切って調理をする姿が展開されていきます。これもそれもお家での様子などをこどもの目線でよく観察し、それを再現しているものだと感心させられます。それに加え「携帯電話」も時代が時代だけに人気の的となっています。「もしもし~」と耳に携帯を当て、お母さんとお話しているのでしょうか、会話も「〇✕△□…」と弾んでいる姿はなかなか見応えあるものとなっています。スマホを上手に指先で操作している様もなかなかのもので、本物のスマホ扱いの準備も万全といったところでしょうか?


合言葉の「カープしよう!」ではじまる”カープごっこ”がブームの2歳児。ボールを投げる子あり、おもちゃのブロックを長くつなげたバットで、鈴木誠也ばりのホームランバッターに変身する子あり。それぞれがテレビで見た野球選手になりきる様子が窺えます。たまに、保育スタッフがこどもに「カープに行こう!」と誘われるので何処に連れられていくのかなぁ~と思っていると…そんなこどもたちの演じる”カープごっこ”ぶりを観戦するというオチまでありました。このように色々な楽しみ方で”ごっこ遊び”が繰り広げられていくのは、やはりこどもたちの想像力の豊かさ故のことなので何よりと感じています。もう一つは、2歳児が中心となって取り組んでいるトマトの水やりです。毎日お当番が代わる代わる、水やりでお世話していく中、それに応えるように日に日に実をつけ、大きくなっていくトマト。ですから、お当番の日には、嬉しそうな表情でたっぷりと水をあげ、次回の当番の日を指折り数えて待ち望む姿もあります。こどもたちの思いをこのようにたっぷりと受け、トマトが実際に色づいていくのも間近かもしれません。それはそれでこどもたちには新たな発見となり、さらなるトマトのお世話に精が出て来ることでしょう。そして、収穫の日もそんなに遠くではないかもしれませんね。その時は、こどもたちにどんな笑顔の花が広がるか、はまたの機会にお伝えしたいと思いますのでお楽しみに!!


2017年以前の園便り