園便り

プールは楽しぃ~?!

2019年07月04日 いつかいち(分園)からの園便り

九州南部では1日で1ヶ月分の雨量を超える降雨となり、甚大な自然災害が発生。また、今後の天候次第では2次災害も避けれない状況が続いています。今後の天候には目が離せない状況が続くと思いますのでよく注視し、いざという時にはためらわず身の安全を図る行動をとっていくようにしましょう。さて7月に入り、”海開き”&”山開き”が一斉にはじまりました。しかし、(今週の天候を見る限りですが…)天候は曇りや今にも泣き出しそうな雲行きで今一つだったので「山」はいざしらず、「海」はお預けの状況。そんな展開で終始しようとしていた今週に一筋の光が週半ばに差し込んできたので、早速 プール開きをしました。今回は、その様子をお伝えします。


朝の会の最中、テラスでただならぬ動きがこどもたちの目に入ってきたもんだから「なんだぁ~」と興味関心は外へ…そこへ、「今日は、天気がいいからプールに入ろうねぇ~」の掛け声に「やったぁ~」と歓声が上がりました。”善は急げ”とばかりに水着に変身とばかりに行動を起こそうとするものの、気ばかりあせってしまい、思うようにならないのが実状でした。そこで保育士の手を借り、何とかスタンバイOKへと漕ぎつけていきました。まずは、1歳児から水遊びのはじまり、始まりとなりました。「はじめてのお買物」ならぬ「はじめての(ちょっと大き目の)プール遊び」には緊張気味で入水を躊躇する子がいる一方、勢いよく水遊びに馴染んで早速、わが物顔で楽しむ子と様々。その後、2歳児も合流し、みんなで“かえるのうた🐸”に合わせ、バタ足で水しぶきをあげて水遊びを楽しみました。中には、どうしても水遊びに馴染めそうになく、顔にかかった水を何度も拭っている子も見られたので場数を踏み、これから水遊びが楽しくなっていって欲しいなぁ~と願っているところです。

この水遊びをさらに満喫するために、自ら”水遊びグッズ”づくりをしました。素材はペットボトル、牛乳パックや食品トレーで、そこに絵を描いたりテープを貼ってカラフルな手づくりシャワーだったり、他には船や魚を作り上げました☆これら”お手製のおもちゃde水遊び”がより一層楽しめるだけでなく、お手製のおもちゃに愛着がわき、物を大切にするという気持ちの育みにも繋がっていければ一石二鳥ですね!!これから水遊びは本番ですから、これから随時ご紹介していきますのでよろしくお願いします!!
 


2017年以前の園便り