園便り

☔”rain days and mondays”なんて吹っ飛ばせ、の巻

2019年07月24日 ふるいちからの園便り

結構な大雨で外遊びもままならない日が続いた先週…(雨が延々と降り続くと外で水遊びは出来ないばかりか、←この部分は脚色です)室内で憂鬱なひとときを過ごす、なんて楽曲がありましたが、これは園のこどもたちに関して言えば当てはまらないようです。いつの時も”遊び職人”的なみんなの様子をお伝えしたいと思います。

<乳児組> カレンダーや壁面づくりでは、絵の具や水性マジックを使って制作を楽しみました。0&1歳児は、7月の”海の日”にちなみ、絵の具を滲み込ませたスポンジで”海づくり”をしました。柔らか感触のスポンジに心地よさを感じ、トントンと叩いたり、スポンジを画用紙に滑らせるように塗ったりと創作活動をしました。2歳児は、コーヒーフィルターde"にじみ絵"をしました。  

まずは、水性マジックでお絵描きをし、そこに水を浸した筆でなぞると、するとどうでしょう~?!水がフィルターに浸されると、水性マジック部分がジワッ~と滲んでいく様子に「わぁ~~!!」と歓声を上げながら、にじみ絵を楽しんでいました。他には、0~2歳児で”フィンガーペイント”にも挑戦しました。まず、2歳児が机一杯に敷き詰められた新聞紙に両手一杯につけた絵の具で思い思いに色遊びに勤しみました。傍でその様子をつぶさに目にしていた0&1歳児も”見よう見まね”でダイナミックに思いの丈を新聞紙のキャンバスに表現していきました。これから梅雨明した後の天気の良い日には、この経験を下に この季節ならではの戸外での造形活動にも取り組めたらいいなぁ~と思案しているところです。
 

<幼児組> ある日のこと、保育室に似つかわしくないプールがあり、合点のいかないこどもたちは「えっ、何でぇ~?」と戸惑いを隠せない様子…そこへ、保育スタッフがボールをザッ~と流し入れるのを見て、「あっ、ボールプールじゃ!!」と喜び勇んでプールの中に身を投げ入れる勢いで入っていきました。戸外のプールとは趣きが違いますが、これはこれで楽しいひとときとなっていました。一方、4&5歳児の間で流行っているのが”転がしドッチボール”となっています。戸外と違い、狭い室内で遊ぶことからきちんとルールを決め、”みんなで守る”ことを約束してスタート~!🎶ボールが転がす側からすれば、当ててやろうと勢いよくボールを転がし入れ、中ではそうは問屋が卸さないとばかりに「キャーっ💦」と声を上げながら逃げ回り、双方の立場・立場で楽しいゲームが繰り広げられていて、楽しいひとときとなっています。  

3歳児には、”リズム遊び”が好評のようです。2グループに分かれキーボードの合図で交代します。リズムでトンボ、カメや魚…など色々なものに変身していきます。室内をリズムに合わせ魚になりきり、遊泳していく姿が見られます。また、出会った魚同士でお話をする姿を表現したりと、少し捻りの入ったもので、音遊びの展開も色々だと感心させられています✨これから本格的な夏到来となり、高温多湿の中では”熱中症対策”としてこまめな水分補給と適度な休息を組み入れていきたいと思います。そして、元気一杯に厳しい夏を乗り切っていきたいと思いますのでよろしくお願いします!!

 


2017年以前の園便り